【Tips】 Xperiaの充電は純正ACアダプタがベスト!特にAndroid 6.0では顕著に違いが出る!!

メインのXperia Z5 Premiumの電池持ちがやけに悪くなってきたなぁと思っていて、いろいろ調査をしているときに気づいたのですが、充電環境によってその速度が異なることです。特に最新OS(Android 6.0)にアップデートしてからこの違いが顕著に現れてきた気がします。

今回は充電環境によってどのくらい違うのかをXperia Z5 Premiumを使って比較してみました。

 

計測に使ったアプリは超定番、BatteryMixです。

Google play Battery Mix (バッテリーミックス)
Battery Mix (バッテリーミックス)
制作: ayano
評価: 4.3 / 5段階中
価格:無料 (2016/5/2 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

 

まずはXperia Z5 Premiumの電池の減り方を見てみてください。4/26(火)~5/2(月)までの1週間分を一つのグラフにしてみました。

tips-xperia-power-charge01

電池持ちのためにGPSやBluetooth切ったりはしません。職場と客先を頻繁に行ったり来たりしていて、職場ではマメに充電してたりするのでグラフが上下してます。以前はもうちょっと残量が少なくなるまでガマンしてたのですが、非常に高速でバッテリーが減っていくため、今は早めに充電するようになってしまいました。。。

という話ではなく、このグラフの中で「赤い」上向きのライン、これが今回の考察となる「充電環境の違い」です。同じ赤いラインでも上昇のしかたがぜんぜん違うこと、お分かりになるでしょうか。

特徴的な赤の充電中のラインについてもう少しグラフを拡大して見ていきます。

tips-xperia-power-charge02

この前半部の充電中の赤い線。こちらは寝室で枕元の充電器を使って充電してる状態です。使っているのはミラーレス一眼SONY NEX-6のACアダプタ+高速充電対応のUSBケーブルです。(真ん中と右の赤いグラフはドコモショップで購入した「ACアダプタ 05」です。(もしくはauショップで購入した「共通ACアダプタ 05」)

tips-xperia-power-charge03

NEX-6のACアダプタの充電規格は

  • INPUT:~100V-240V 50Hz/60Hz 70mA
  • OUTPUT:5V 0.5A

この通り、NEX-6のACアダプタは急速充電には対応していません。急速充電とは通常、USB2.0では5V 0.5Aのところ、1.8Aと3倍以上の電気を流し、短時間で充電を終わらせることができるものです。

しかし、もうここ何年も同じACアダプタ+USBケーブルを使って歴代Xperiaを充電してきていて、5~6時間のうちにちゃんと100%まで満充電できたのですが、どうやらAndroid 6.0になってから、満充電されなくなった気がします。。。よりシビアに電力管理をしているのでしょうか?ちゃんと充電できてる時もあるので、もしかしたらACアダプタが故障したのかもしれませんが・・・

これに気づいてから、余っていたiPhone 6のACアダプター(5V 1.0A)に変更したのが5/1の夕方。このときの赤い充電中のグラフ(右)がこちら。

SONYのACアダプタとは比較にならないほどの急上昇を果たしました。が、左側のドコモ(au)で購入したACアダプタ(5V 1.8A)に比べるとアンペア数が半分強なのでまだまだ劣っています。

tips-xperia-power-charge04

 

やっぱり純正ACアダプタが一番!

これが結論。どの局面でも全く同じ速度で充電し、そして満充電に近づくと緩やかに充電速度を落としていくさまを見ると、安心できるな、と。(左のグラフはNEX-6のACアダプタ)

tips-xperia-power-charge06

充電はコワいです。ケーブル不良やACアダプタが原因で発火して家が燃えたりしちゃうこともありますし、少々値が張ってもキチンとした商品を使いたいものです。

純正ACアダプタ、キャリアショップでその場で購入できます。(契約無くても付属品購入できます。)

ちなみにドコモモデル・auモデルはAmazonでも買えます。

 

ちなみに、電池のダダ減りに関しては今のところ「解なし」です。原因不明。

初期化すれば一時的には電池持ちが良くなるのは過去の経験上、何となく分かっていますが、3日も使うと元に戻ってしまうのでもう諦めてます。何か解決に向けてやってみたほうがいいことなどあればぜひ教えて下さい!

 

3件のコメント


  1. 急速充電は12V1.35Aまで上げています。
    電池を無駄に消費しているアプリを特定して消してみては?。


  2. 電流が高い方が充電速度が早いのは間違いありませんが、「急速充電」とは電流を上げるのではなく電圧を上げて、より安全かつ素早く充電を行う、クアルコム社が策定した「Quick Charge」という統一規格になります。

    もっというと正確には「急速充電」ないし「急速充電02(現在は急速充電に統一)」という呼称はドコモが本来の「Quick Charge」という呼称を勝手に言い換えて日本人向けにしただけなので、誤解が広がっているのです。

    Quick Chargeは現在3.0までありますが、ほとんどのAndroid端末は2.0まで対応しています。

    純正充電器はQuick Charge2.0対応ではありますが、市販のものではQC2.0ポートが2つ付いてるものなどもあるので、ガジェオタならばそちらの方がいいと思います。

    ちなみにiOS端末はどれも未だにQuick Charge1.0にすら対応してないゴミですので、お見知りおきを。


    1. 匿名さん

      充電速度を比較したりしていますが、QC2.0対応で一番速く安定しているのはキャリアのものですね。
      USBポートがなくACから直に充電できるためロスが少ないのかと。

      あとiPhoneはクアルコムのチップを使用していないので対応していないのは当たり前なのでは… (といってもZenfoneは対応してますね、別名称ですが規格としては確か同じだったと思います)
      ちなみにQC2.0は16.2Wですが、iPad Pro 12.9の充電は29Wに対応してますよ。
      Appleはそういう話しないのであまり表には出てないですが…