【Z5 Premium】もうガマンの限界!電池持ち悪いからOSバージョンをダウングレードしてみた

喜々としてXperia Z5 PremiumのAndroid 6.0へのOSバージョンアップをしてからというものの、バージョンアップ前に比べて明らかに電池持ちが悪くなり、一日持たなくなってしまいました。(Android 5.0.1におけるバッテリーの持ちについてはこちらで考察しています)

z5p-os-downgrade01

グラフはBatteryMixで48時間計測したものです。この急降下、尋常じゃありません。。

しかもたまに動作ラグが発生し、それがきっかけで発熱して更に電池持ちが悪くなるという悪循環・・・これからの季節、ポケットの中がアッチッチなのは避けたいです。

Xperia Z4のときもOSを初期化すると一時的には症状が改善しましたが、2~3日でボロボロになってしまったこともあり今回Android 5.0.1へのダウングレードを行っていきます。

 

OSによるバッテリーの減り方を見比べてみる

左のグラフは2016年1月24日に1ヶ月使用した時のもの。OSはAndroid 5.0.1。右のグラフは2016年5月27日のもの。使用アプリ、使用状況は同一です。グラフの期間もどこかのキャリアの説明資料のようなある一部の値を強調するようなグラフではなく、同一時間での比較です。

z5p-os-downgrade02

明らかに右肩下がりになっています。OSをアップグレードしたのにもかかわらず、ここまで醜いのはもうOSを疑うしかありません。この4ヶ月、同じ環境ですから・・・

 

 

ダウングレードはいつものFlashtoolで

ダウングレード作業を実施する前に、旧ファームウェアと現行ファームウェアのftfを用意しておきます。ダウングレード後、万が一起動しなくなった場合、元に戻す策が無くなってしまいますから・・・

  • 戻したい(Android 5.0.1)ファームウェア:32.0.B.0.478
  • 現行(Android 6.0)ファームウェア:32.1.F.1.38

z5p-os-downgrade03

最新ファーム(32.1.F.1.38)はXperiFirmで落とすことができます。旧ファームウェア(32.0.B.0.426、32.0.B.0.443、32.0.B.0.478)はGoogleで調べてみてください。今回はAndroid 5.0.1の最終版「32.0.B.0.478」を使用してダウングレードします。

今回、ダウングレードなので初期化(wipe)したほうがいいのは重々承知してますが、ダメ元でuserdataをwipeせずトライしてみたいと思います。(要は復元が面倒なのです、、、)

念のためNovaやSwipepad、FolderOrganizerなど常用ツール類の設定値はバックアップしました。おサイフケータイデータ(モバイルSuica、Edy、iD)などは別領域でwipeしてもたしか残ると思ったので機種変更処理せずそのままいきます。(本来はちゃんと機種変更処理すべきです)

z5p-os-downgrade08

このようにwipeには何もチェック入れず、Exclude(除外)も何もせず、そのままFlashしました。(FeliCaやっぱり機種変更処理しとけばよかったとちょっと後悔しましたw)

z5p-os-downgrade05

これ、かなり時間かかります。ファームはいつの間にか2.5GBもあるんですね。X10の初期ROM(R1EA018)はたった235MBしかなかったのに・・・6年で1000倍の容量を食うように。。。

Flash、結局途中で止まってしまいました。。。最新版のFlashtoolじゃないからダメみたいです。途中で止まってしまったため、こんな状態になり。。。おサイフケータイの機種変更をしていなかったものですから、とにかくこの状態は非常にマズイ。。

z5p-os-downgrade06

ここから最新版を入手するのに非常に時間がかかりまして。(フォロワーさんにいっぱい助けて頂きました。感謝感謝です!)

最新版のFlashtoolでAndroid 5.0.1をwipeせず焼いてみました。

z5p-os-downgrade07

今度は何も問題なく正常に終了、そして電源ON!ダウングレードですが、OSが変わったためのアップグレードを行いまして。。。

z5p-os-downgrade09

無事起動!

といいたいところですが、acoreエラー頻発して勝手に画面が消えて、、、起動し直しという現象が起きてしまいます。やっぱりwipeしないでダウングレードはしちゃダメなんですね。

z5p-os-downgrade10

おサイフケータイデータの移行が必要なので、いったんAndroid 6.0に戻し、正常起動している状態で機種変更手続きをした後、再度トライすることに。

wipeすれば問題なくAndroid5.0.1へダウングレード完了です。おサイフケータイも機種変更手続きして無事にダウングレード完了です。

z5p-os-downgrade12

あとはAndroid 6.0へのアップデート通知が出ないように設定すればOKです。

設定>端末情報>ソフトウェアアップデート>(右上のメニューキー)設定>自動アップデートのチェックをOFFにする

 

今のところXperia Z5 PremiumにおいてAndroid 6.0にするメリットよりもデメリットのほうが多く、電池持ち以外にもスクリーンショットまで4kとなってしまうのが回避できたりするので、当分このままで行こうと思います。

初期化されてしまったので、明日の通勤でモバイルSuica使えるようにこれからアプリのインストール・最低限の設定していき、電池持ちの良さを実感したいと思います♪

 

それにしても長い一日だった・・・

 

 

2件のコメント


  1. Xperia Z5 Premiumの元々のバージョンは5.1なのに更に古い5.0に戻すんですね?


  2. […] ですが、前回「【Z5 Premium】もうガマンの限界!電池持ち悪いからOSバージョンをダウングレードしてみた」として考察したとおり(少なくとも私のXperia Z5 Premiumでは)Android 6.0にしてから […]