【acro】au版Xperia acro(IS11S)初体験してきました:KDDIデザイニングスタジオ

5/17(火)にauの新製品発表会があり、かねてからウワサされていたau版のXperia acro(開発コードネーム:Akane)が発表されました。情報は発表会以前に流出してたこともあったし、16日にdocomo版Xperia acroが発表されたこともあってそんなにワクワク感は正直なかったのですが、やっぱり現物は見とかなきゃ!と思ってまたまた仕事の途中にKDDIデザイニングスタジオに行ってきました。

個人的にはINFOBARがお目当てだったりしたのですが、残念ながらアクリルケースに入って触れることはできませんでした。(これは別エントリーにします)

 

今回はdocomo版との比較を中心にチェックしてみました。

◆チェックポイント◆

  • 色味
  • OSのバージョン差異
  • おサイフケータイ機能
  • POBox4.1の50音配列
  • 端末容量

 

◇色味

docomoの青(Aqua)とauの赤(Ruby)、(arcのピンク(Sakura Pink)と見比べて、auのはなかなかイイ感じです。見に行く前のイメージは真っ赤だったりしたのですがピンクがかった赤でしたw


 

docomoのと並べてみました。(擬似的に)

どっちも色鮮やかで惹かれますね!

 

 

◇OSのバージョン差異

左がau、右がdocomo (わかるってば!w)

au Xperia acro(IS11S) docomo Xperia acro(SO-01C)
モデル番号 IS11S SO-01C
Androidバージョン 2.3.3 2.3.3
ベースバンドバージョン 7X30A-AABBQDAZM-203010-03 7X30A-AAABQMAZM-1290_18-15
カーネルバージョン 2.6.32.9-pref
SEMCUser@SEMCHost#1
2.6.32.9-pref
SEMCUser@SEMCHost#1
ビルド番号 3.0.1.C.0.80 3.0.1.F.0.28

んー、、、ビミョーに違う。。。製品版ではないのでまた変わるかもしれないです。

 

 

◇おサイフケータイ機能

docomo版見逃したのですが今日改めて有楽町で見てきましたのでこちらも比較。プリインストールされているおサイフケータイの内用が若干違います。(もちろんAndroidマーケットで落とせばいいんですが)

 

 

◇POBox4.1の50音配列

これはさすがにどーなのよ、と。慣れないフリック入力、QWERTY入力という手段がネックにならないようにという配慮は分かりますが、そういう層まで巻き込む必要ってあるのでしょうか??(掲載してませんがSO-01Cも同じです)

 

 

◇端末容量

どこかでIS11SとSO-01Cの残容量(arcmものすごく少ないので)を知りたいなんて見た記憶があったので、両方を比較しました。(たぶんユーザによるアプリインストールは「ほぼ」されてない状態だと思います)

au IS11S docomo SO-01C
SDカード空き容量 29.22GB 29.17GB
内蔵ストレージ空き容量 283MB

267MB

au版の方がSDカードも内蔵ストレージも空き容量が多いのが印象的でした。この差は何なんでしょう。

 

 

◇その他

  • プリインストールアプリの状態はこちら。当然内容が違ってます。特にSkype。auはこれがAndroidの売りで公式に解禁したんでしたっけね。
    気のせいかもしれないですが、IS11Sのほうがアプリドロワの透過率が高い?壁紙のせいかもしれませんが。



    au使いではないのでcメールとかありますが、これってSMSのことですか?
    なおEメール(ezweb.ne.jp)は9月からしか使えないようです。auガラケ(スマホ)→auスマホな方は一時的にGmailなりを使わざるを得ない状況になりそうです。ここらへんがネックになる人も出てくるかもしれないですね。

  •  

  • 電池パックはIS11SもSO-01Cも(arcも)同じものです。(BA750)が、通信方式が違うため待受時間(持続時間)が異なります。IS11S:480時間、SO-01C:340分。
  •  

  • 白と黒はどちらのキャリアも同じなので比較の対象としませんでした。
  •  

  • arcとacroを真正面から見るとまったく区別がつきません。色の違いだけに見えます。
  •  

  • 自分の勉強不足かもしれませんが、IS11SにはAPNの設定がなく、、、固定??

 

 

auとdocomo、SIM差し替えだけでよければいいんですが、通信方式が違うのでどっちかのacroを選ばなければならないのがある意味酷だと思います。スペック的にはどちらも同じ(はず)ですが、今後のアップデートとかもキャリアによる差が出てくるのかもしれないですね、、、悩みますね。

auの料金プランはこちらで考察してますので良かったら見てみてくださいね。

さて、今後acroに関しては「au版」とか「docomo版」とかくっつけて話すんですかねーww

(この考察ブログでは一括りにしちゃっても大丈夫かなぁ・・・)

 

3件のコメント


  1. […] 前回KDDIデザイニングスタジオに行ってXperia acroとINFOBARを見てきましたが、INFOBARは展示だけで触ることができなくて、自分の中での評価のしようがなかったのですが、実機を触れるよう […]


  2. 初めてコメントを書かせていただきます。
    auユーザーです。
    auでもacroが出るとうわさがあがり、心からこの発表を待っていました。
    一度docomoユーザーになった事もあるのですが、1年位使い受信が良いauに戻りました。
    それから端末が発表になるたびに、docomoの方が繊細かつ斬新でセンスの良いので悔しい思いをしてきました。
    それでもやはり一番大切なのは、受信能力なので我慢していました。

    やっとその今までの、悔しさを吹き飛ばすacroがdocomoと兄妹状態で出ました。
    本当に嬉しい。
    このサイトもacro購入を決めてから、ホームを自分流にする為に色々調べていて見つけました。

    docomoの方がきっと、OSのバージョンアップなど早いのでしょうね。
    それでも、ソニーさんが同じように対応してくれると信じています。
    正直、docomoのアクア凄くいいです。
    ブルー系大好きな私には…
    でもauのルビー凄く気に入りました。
    発売日が決まるのが楽しみです。

    それまでの時間、ホームのカスタマイズやどんなアプリを入れるか、自分なりに研究します。
    この際とも大切な先生ですので、更新楽しみです。