【コラム】Xperia × NEX-6のある生活

ブロガーイベントやらで周りがミラーレス一眼とか持ってる中、Xperiaやコンデジで頑張って来てました私。でもずっと「いーなー」って思って見てました。

Xperia Zのカメラの高画質さに「これで十分じゃね?」と思ってましたが、ふつふつと湧き上がる物欲が一気に開花してしまいw

いざ、買おう!とは思いましたが何を買っていいか?から始まりまして、結局SONYのNEX-6を手に入れることになりました。なぜNEX-6にしたかを以下に簡単にまとめてみます。

nex6-01

 

SONY αNEX-6商品ページ:http://www.sony.jp/ichigan/introduction/NEX-6/

 

 

NEX-6に決めたワケ

もともとニコンのD70 + AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR を使ってたので、できればレンズを再利用できないか?から始まりました。でもNikon 1 V2というミラーレスは思ってたより小さくて、不格好でもあったしせっかくのコンパクトさが全く失われてしまうため断念。

こうなるともうなんでも良い状態にになりw そんな中で一つ譲れなかったのはファインダーがあること。ちゃんと撮ろうと思ったらやっぱり脇を締めてカメラ本体を固定してブレないように撮影するためにはファインダーは必須と思っていて、そうなると必然的に機種が絞られてきます。

そんな中、このNEX-6に決めたのは「アプリを入れてカメラを進化させよう」という点。nex6-02

このNEX-6自身にWi-Fi対応していて撮影した画像をXperiaに飛ばすことも。Wi-Fi対応はSD「Eye-Fi」を使えば良いのですが、アプリ対応でどんどん進化するってところが決め手です。

PlayMemoriesって今まではXperiaで「消したいけどroot取らないと消せないアプリ」でぐぬぬぬ…だったところ、一気にメインアプリに昇格ですw

 

 

PlayMemoriesで何ができる?

PlayMemories紹介ページを見れば一目瞭然ですが、Xperiaユーザならではのメリットをまとめます。(と思ったけどGoogle Playにもあるのでどの端末でも行けます)

  1. PlayMemoriesアプリの活用
    Xperiaには標準インストールされているアプリでオンライン上に保存された画像のビューアです。
    nex6-04
    残念ながらここから画像を共有してSNSにアップロードするとか、画像を端末にダウンロードするなどはできません。アルバムをシェアしたりポストカードとしてメールで送信するしかできません。
    nex6-05

    せっかくのオンライン画像ストレージなのにもったいない。。。
    なおPC版のPlayMemoriesではダウンロードは可能です。
    nex6-06

  2. PlayMemories Mobileの活用
    こちらはNEX-6とWi-Fi接続し、端末へ画像コピーもしくは共有ができるツールです。Wi-Fiルータを用いての接続ではなくpier to pier(1対1)での接続となります。
    nex6-07

    コピーを選択すると画像が端末に保存されます。保存先は
    本体メモリ\PlayMemories Mobile
    です。
    nex6-08nex6-11

    アップロードを選択するとDropboxやSNSにアップロードが可能です。
    nex6-09

    接続に少し時間かかったり、Wi-Fiなのに意外と転送に時間がかかったりするので、撮って即座にピッとSNSにアップロードしたりするのには向かないかもですが、ワイヤレスでデータを取り込めるのは良いですね。
    nex6-10

  3. ダイレクトアップロード
    NEX-6本体にアプリを入れると、NEX-6単体でPlayMemories Onlineに画像をアップロード可能です。
    このアップロードはWi-Fiルータのアクセスポイントを経由してアップロードされます。
    nex6-12

    アップロード先はPlayMemories OnlineとFacebookです。(今後他のSNSが追加される予定みたいですが)
    nex6-13

    Facebookは別のwebアプリと同じように一旦認証すればそのままアップロードしてくれます。
    nex6-15

    アップロードされるとこのようにタイムラインに表示してくれます。
    nex6-16

  4. POBox入り
    ダイレクトアップロードPlayMemoriesにアップロードするときにコメントを入れられるのですが、この時にPOBox(の日本語変換アルゴリズム)が使えます。といってもNEX-6はタッチパネル対応ではないので一文字ずつカーソルを移動させなければならないのですが、、入力方法はほぼXperiaと同じです。
    nex6-14nex6-17

 

 

まとめ

Xperia Tablet Sの時にはまだ途中だった(と思われる)ソニー製品事業部間の連携がようやく図られたという感じで「One Sony」がXperia ZだけではなくαNEXシリーズにも感じることができ、Xperiaマンセーだったのにいつの間にかSonyマンセーになりつつある自分が怖いですw

肝心の撮影画像に関してはド素人なので、どうのこうの言える立場にありませんので簡単に。(初期設定途中だったので撮影サイズが合ってません)

Xperia Zと同じようにプレミアムオート機能がついてたりして、初心者の私にもなかなか良さげな写真が撮れるのも良いです。Xperia Zがこのαシリーズの血を引いているからスマホなのにあれだけ高画質なのも分かりますよね。

で、とりあえずプレミアムオートで撮影した河津桜です。Xperia Zでも十分じゃん!と思ってましたが、こうして比べてしまうと・・・

【Xperia Z】

nex6-19

【NEX-6】

nex6-18

Wi-FiとPlayMemoriesはXperiaユーザにとっては至高の組み合わせかもしれません。これからどんどん活用していこうと思います。

 

この組み合わせで使えるNEXシリーズは今のところNEX-6とNEX-5Rの2機種のみとなります。(5Rに電子ビューファインダーつけるという選択肢もありますが、そんなに価格が変わらなかった、、)

 

#Wi-Fiを多用するとかなり電池消費します。また充電器は付属しないので充電器+バッテリーセットがあったほうが良いかもです。(爆発するの怖いので電池関係は純正以外使わない人です)

決算時期ですから、量販店でも特別な価格が提示されるかも!(私は実質7万切って購入出来ました)