【コラム】Xperia NEXUSは本当に存在するのか?

数日前に見かけて「ナイナイ(ヾノ・∀・`)」と思ってスルーしてたXperia NEXUSに関するリーク画像。まとめサイトで盛り上がってたみたいなので自分なりになぜ「無いな」と思ったのか、まとめておきます。

 

 

Xperia NEXUS話は今回が初めてではないです

初出は今から遡ること3年前、モデルで言うとXperia S(日本ではXperia NX(SO-02D))がGoogle の ピュアなAndroid OSであるAOSP (Android Open Source Project) に選定されたことが「Xperia NEXUS出るか?」の始まりだと思います。

Sony takes lead on AOSP on Xperia™ S project [video] – Developer World
http://developer.sonymobile.com/2012/11/08/sony-takes-lead-on-aosp-on-xperia-s-project-video/

こちらに公式動画としてAOSPなXperiaが動作するところを公開しています。

 

それまでのXperia

初代(Androidな)XPERIA X10はAndroid OSにも(きっと)大きく手を入れたりしながらXperia独特の世界観を表現してきました。(カスタムリカバリも今でこそCWM=ClockworkMod RecoveryやTWRPといったメジャーなものが使えるようになりましたが、XPERIAはリカバリも特殊で「xRecovery」とかでしたよね(懐))

それがXperia SのあたりでSony Ericssonの開発者もAndroid OSをうまく扱えるようになったのでしょう。

ソニー・エリクソンからソニーモバイルになり、ソニー 平井社長がXperia Zは大幅に設計リードタイムを短縮してタイムリーに市場投入でき、携帯電話事業者から高い評価を得た、と発言していることもそういうことなんだと思います。

その後、AOSPプロジェクトはXperia Zも、またXperia Z3では最新Android OS 5.0が動作する動画も公開しています。

◆AOSP for Xperia Z

◆Android 5.0: Xperia Z3 running AOSP

 

 

結局AOSPはこういう形で市場に出たのです

これまでのXperia AOSP機はあくまで技術検証の位置付けでしたが、いよいよ2013年12月にはピュアAndroid OSを搭載したXperiaが世の中に出ることになりました。日本では未発売のまま販売終息してしまいましたが、Xperia Z Ultraをベースとした「Sony Z Ultra Google Play Edition」(以下 GPEと略します)です。

このようにPlayストアで販売されていたのです。(日本からは買えませんでした)「Xperia」の名前は付かず、あくまで「SONY Z Ultra」なのがミソです。

 

NEXUSとGPEの違いは

NEXUSはGoogle社が自社製品として販売するモデル、GPEはGoogle社が公認した「サードパーティー」が販売する、という商流の違いで、いずれも『最新』の『純粋なAndroid OS』が動作するデバイスである点に変わりはありません。(と認識しています)

最新OSの提供に関してはデバイスごとに若干の調整(動作検証)があるため、NEXUSデバイスと比べるとほんの少しタイムラグが発生していますが、機能面での差異はない(はず)。

ですので、冒頭の「Xperia NEXUS登場か?」に対しては「もう出てるじゃん!」というのが第一印象です。Xperia Z Ultra Google Play Editionは商売上も成功とは言い難い状況で、モデル末期には在庫処分としてExpansysさんなどでも叩き売りされていたのを見かけました。。。

 

 

今回リークされた画像から分かること

まず「無いな」と思ったこと。

差出人(左下)には確かに「Sony Mobile Communications」と書かれていますが、左上には「Google」のロゴがあります。通常、(日本のビジネス慣習では)差出人の会社のロゴ入り文書って作りません。海外のビジネス慣習ではそーじゃねーんだよボケがっ!!と言われてしまったらそれまでなのですが。。。

ここに「SONY」と入っていれば信ぴょう性が高いな、と思いましたけども。

01

 

端末画像に関しては以前から「Z4からデザインが大きく変わるよー」なんて海外では言われているようで、実際はXperia Z4はこれまでのデザインと変わらないっぽいところから、次期Xperia(Z5??)では大きく変わるのかなー、と思っていたのでデザインに関してXperiaっぽくない点には違和感はありませんでした。(サイズやスペックは置いておいて)

というかこういう「手紙」でデザイン(案)を送るものですかね、そっちのほうがリークされにくいから??例の北の将軍が暴れたからソニー内部からメールが送れなくて郵便使ったの??いやー、いろいろギモンです。。

31dff59a

 

また、これまたウワサですがNEXUSモデルは2014年で終息し、2015年はGoogle Play Editionに統一されるなんて話もあり、Xperia NEXUSは本当に登場するのか?と。

 

日本におけるXperia NEXUSモデルへの期待は高まっているのは理解できます。やはりキャリア色は要らない!日本の電波法上で合法なSIMフリーなデバイスを堂々と使いたい、Bootloader Unlockして純粋にカスタムを楽しみたい、SIMはいろんなのを使いたい、人と違ったモデルを使いたい、素のAndroid OSが好き、いろいろ意見はあるでしょう。でもSony Z Ultraの販売実績、今のソニーモバイルの経営状況を考えると厳しい気がしないでもないです、、

 

私個人としても「Xperia」の冠のついたNEXUS / Google Play Editionが出るなら「コレクション」としては絶対買いたいですw

(やっぱりおサイフケータイ便利だしぃ、テレビも見れるとなんかあったとき便利だしぃ、云々)

 

というか私、AOSPってダメなんです、、KitkatまでのUIがどうしても受け入れられなくて。。。Lolipopになって抵抗感はかなり薄れたのですが。。。。XperiaがXperiaだ!と思えるあのXperiaのUIであり、それが好きだからこうして考察し続けていて、ASOPが良いならHTCとかLGでいいんじゃない?ってのが持論ですw

 

 

3件のコメント


  1. 1枚目画像の左下を良く見てください。
    「Best,」と書いてあります。
    これは差出人名の上に書く、いわば「拝啓」とかそういうものにあたります。
    つまり、差出人はSonyではなくGoogleの人物で、内容を読めばGoogle社内連絡(にみせかけたもの)だと分かります。
    Sonyの連絡先はリードデザインチームの連絡先で、住所は以前SonyMobileの本社があった場所のすぐ近くです。
    信憑性については、社内連絡用にわざわざレターヘッドを使うかな、というところです。


  2. nexusをandroid Silverに置き換える噂はGoogleによって否定されてますよ


  3. これ出たらむちゃくちゃ欲しいですけどネタ感満載ですよね〜
    図面でもない、イラレでパパッと描いたようなイラストだし、端子などがあるであろう下部の複雑な部分は描いてないし、カメラのフラッシュもないし(リングフラッシュならこれでもいいですが)
    でも欲しいなー