【X Performance】 契約して来た!1stインプレッション

待ちに待ったXperia X Performance。朝一で契約してきました♪

x-performance-1st-impression-2-01

1月に発表されてから5ヶ月。ようやく手に入れることができました♪

触れてみた最初の感想は「持ちやすいなぁ」でしたよ。まだ数時間レベルではありますが、初期設定していく中で感じたことを1stインプレッションとしてまとめていきたいと思います。

 

買ったらまずやる儀式

まずはガラスフィルム貼りとストラップの取り付け。

ガラスフィルムは前回の考察で書きましたが、落下対策のためだけなので超安いのをチョイス。契約が終わって量販店のベンチで即貼りしましたが、予想通り、ラウンドエッジ加工されたガラス面に対して盛大に浮いてしまいました。

x-performance-1st-impression-2-02

もともと超狭額(といっても海外モデルXperia XAに比べたらアレですが)で、ラウンドエッジを避けるようにガラス面ギリギリサイズしか無いにもかかわらず、そこから3mmほど浮いてしまうので、これではやっぱりカッコ悪いです。今のところ剥がれてはいませんが、ちょっとどこかに引っ掛けたらあっという間に剥がれてしまいそうです。

 

ストラップ。残念ながらストラップホールが無いため、イヤフォンジャックに挿入し捻ると固定されるパーツを取り付け、そこにストラップを取り付けました。

x-performance-1st-impression-2-03

ストラップのヘッド部分がもう少し小さくなると良いのですが、今はこれしかありませんので、多少不格好ですがこのままいきます。(個人的にはiPhone、Xperia Z3 Tablet Compactでも使ってますので3つ目になります)

 

これで一応落下防止策を取ることができます。ガラスフィルムはもう少し製品が充実した頃にもう一度検討したいと思います。

 

 

持った感じはどう?

これまでメインで使っていたのがXperia Z5 Premiumだったので、まず思ったのは「持ちやすなぁ、軽いなぁ」でした。幅は約5mm小さく、16g軽いことに加え、Xperia Z5よりも角がない分、手に馴染む感じはこれまで歴代Xperiaの中でもピカイチ!(Androidな)Xperia発売から6年経って、ようやくベストなサイズを見つけたな、と思いました。

x-performance-1st-impression-2-04

(ホントにずっと持っててたくなるような手触りが最高に気持ちいいです)

 

 

動作の具合はどう?

OSはAndroid 6.0。Xperia Z5シリーズでも体験済み。(電池持ち悪くてAndroid 5.0にダウングレードしてましたが)

ちょうど2年経って機種変更される方はXperia Z1やZ2/ZL2あたりですから、たぶんAndroid 5.0からだとあまり操作感に違和感なく使えると思います。Android 4.4あたりからだと少しメニュー構成が変わっていたりして慣れるまでに少し時間かかるかもしれません。

Xperia Z1やZ2で快適だった方、今回ものすごく軽く(たった5~6gですが、持ちやすさで更に軽く感じると思います)、動作のラグもなく、ヌルヌルという感じもありつつ、でも文字で表すと「キビキビ」のほうが合ってる感じがします。アプリ起動中にホームボタン→履歴キーから別のアプリを開いてみてください。パッと切り替わることでしょう。驚くほど動作も軽いです。

今回からスクリーンレコード(動画のキャプチャ)機能が無くなってしまったため、そのキビキビさをお伝えできないのが残念です。(ただ面倒なだけw)

 

 

気になっていた点①:指紋認証

やっぱり初号機Xperia Z5シリーズはテストケースだったんだな、と思いました。チューニングを重ねたXperia X Performanceは気持ちいいほど指紋認識率が向上しています。認識させるときもエラー(指を離すのが早すぎますなど)なども一切出ず、ホントにサクサクと登録ができ、その認識率も非常に良く、手脂多く、特にこの梅雨時のジメジメした季節でも一発でロック解除ができます。

x-performance-1st-impression-2-05

(指紋登録するときも電源ボタンのどの場所でどの状態で認識させているのかを表わすようになりました)

まだ移行中だったのでXperia Z5 Premiumも同時にロック解除してましたが、ホントにイライラするくらい認識してくれないのとは大違いです。2世代目であっさりとiPhoneのTouchID(ロック解除)と同じレベルになったのは開発者さん、本当に頑張ってチューニングしたんだな、と思いました。

 

 

気になっていた点②:電池持ち

Android 6.0からAndroid標準の省電力機能(Doze)とSTAMINAモードの共存をするようになりました。Xperia Z5シリーズはAndroid 6.0にソフトウェアアップデートすると、アップデート前よりも格段に電池持ちが悪くなりまして、Xperia X Performanceではどうなのかが非常に気がかりでした。

結論から申しますと、やっぱりAndroid 5.0時代のほうが電池の持ちは良いような感じです。まだいつもの使い方をしたわけではありませんが、BatteryMixで計測してみた感じでは、安心して一日使えるかちょっと心配・・・

x-performance-1st-impression-2-06

電池持ちはもう少し調査してみる必要があると思ってます。(かなり心配)

 

 

気になっていた点③:発熱

ポケットの中でほんのり熱くなった?と一回だけ思いましたが、BatteryMixで見てみたところ、平均温度も32.4℃、最高でも38.5℃と発熱はかなり抑えられている感じです。まだ初日ですし、これから外気温が高くなるともう少し温度は高くなるかもしれません。(慎重派)

x-performance-1st-impression-2-07

発熱=熱暴走=電池の減りが加速、という図式はこのXperia X Performanceには当てはまらないかもしれませんね。(願望)

 

 

気になっていた点④:FeliCaポートがフロントに

すぐにシール剥がしてしまいましたが、FeliCaポートはこれまでのリアパネルからフロントパネル側に移動しました。

x-performance-1st-impression-2-08
(初期セットアップ時にステータスバーにアイコンが表示され、開くとこのような案内が出ます)

これにより、画面側を自動改札など読み取り装置にかざすことになりますが、これまで通りリアパネル側をかざしてみたらどうなるか、試してみました。

結論から申しますと、問題なく自動改札を通過できました。が、自動改札を6回通過したうち1回だけ失敗しました。かざし方によってはエラーとなる場合もありますので、リアパネル側をリーダーにかざす時はこれまでよりも丁寧にかざす必要がありそうです。

(コンビニのリーダーは2回通しましたが、問題なく使えました。自動改札とはかざす時間が違いますものね)

 

 

その他気づいたこと

これ以外に気づいた点、箇条書きで表してみます。

  • 画面の発色が素晴らしい。(これまでよりも色鮮やかになった)
  • 画面のロック解除で「タップして起動」がうまく動かない
  • ホームアプリをNova Launcher Primeで、スワイプダウン動作にステータスバーを下ろす動作を割り当てている場合、スワイプダウンすると初動が異常に鈍い → ユーザ補助からジェスチャーにNovaを使う設定をしても同じ
    →すっかり忘れてましたが、既知の情報でありNova作者がAndroid6.0のバグと主張してました。
  • microSDカードを入れるとステータスバーに常に表示される。(消したいけれども消し方が不明)
  • SIM&microSDスロットが進化してる(たぶん引きちぎれることはない形状に)
    x-performance-1st-impression-2-09

 

Xperia X Performance。これはぜひオススメしたい!と久しぶりに思える新Xperiaです。今後製品のライフサイクルが延びるということですから、次に登場するのは来年の今ごろでしょうか。それまで大事に使っていきたいと思います!(素)

 

もう少し使ってみて気づいた点やまだカメラ使えていませんので、いろいろ試していきたいと思います。

9件のコメント


  1. 現在Xperia Z5 Premium を利用していますが海外版なのでfelicaが利用できないため、Xperia X Perfprmanceの購入を考えています。画面の大きさが変わるので躊躇していますが、PremiumからPerformanceへ移行した場合、画面が小さくなり、見辛いと感じましたでしょうか?


  2. >Android6.0のバグによるもので、Nova Launcher側ではどうしようもない

    バグがあるとしたらOS側ではなくてアプリ側の問題かと。


  3. 自分も購入しましたが、ゲームやツィッター等でカクカクしてiPhoneに戻りました。カクカク感はないですか?


  4. いいなぁ、X Performanceもう入手したんですね。
    記事をご参考にさせてもらいながら、ワクワクさせてもらいますw


  5. ホームアプリをNova Launcher Primeで、スワイプダウン動作にステータスバーを下ろす動作を割り当てている場合、スワイプダウンすると初動が異常に鈍い

    これはマシュマロの仕様っていうかバグみたいです。


  6. ご存知かもしれませんがNova Launcherに関しては6.0系の問題でありサードパーティでは解決出来ないとの旨を開発者の方が仰っています。


  7. >ホームアプリをNova Launcher Primeで、スワイプダウン動作にステータスバーを下ろす動作を割り当てている場合、スワイプダウンすると初動が異常に鈍い → ユーザ補助からジェスチャーにNovaを使う設定をしても同じ

    これについては「Android6.0のバグによるもので、Nova Launcher側ではどうしようもない、Googleに報告はしているので修正を待ってほしい」とNova Launcherが説明していたと思います。