【X Performance】 (ドコモ版)不要なアプリを無効化しアプリ一覧画面をすっきりさせる~無効化したアプリ一覧

最近のXperiaはアプリ一覧から目的のアプリを探し出すのが大変なくらい様々なアプリがプリインストールされています。いくらストレージ容量が大きいからといって、何でもかんでも詰め込まれるのは勘弁して欲しいところ。。

ですが、人によってはGoogle Playからアプリをインストールはほぼせずに、プリインストールアプリ「だけ」を使っている人も多数いるという人もいるのも事実。(友達にGoogleアカウントを設定していない人がいた!それも一人じゃない!!)

ですのでキャリア側としても、少しでもそういう方たちにも便利に使ってもらいたい!ということで、様々な分野のアプリをプリインストールしている事情も分からなくもないです。ですが、不要なアプリはアンインストールさせてくれ!!と。

x-performance-disable-app01

とはいえ、やっぱりスマートフォンは万人向けですから、上記のような方が「今までココにあったのに何もしてないのにどこかいった!!どうしてくれる!!!」とキャリアショップに駆け込んでしまう事態を避けるために一部消せない仕様になっているのも仕方ないのもわかります。(で、実態はホーム画面からアイコンを消しただけでもう一度置けば解決するんですよね、、そして何もしてないんじゃなくて何かしたら消えたってことを自分では絶対認めないとか。。。本当にキャリアショップ店員さん乙ですw)

今回は「アプリ一覧をスッキリさせたい!」という目的で無効化する方法と、実際に無効化したアプリ一覧を考察します。

 

アプリ無効化の手順

Android 6.0のXperiaはちょっとだけ以前の無効化方法と異なりますので、手順を今一度まとめておきます。

  1. すべてのアプリ表示させる。
    設定>アプリ>右上のメニュー>システムを表示
    x-performance-disable-app02
    (右の画像で「すべてのア…」と出てますが、一度も無効化していない場合は非表示です。(すでに無効化済みのため、有効/無効のメニューが表示されています)
    .
  2. 不要なアプリを選択
    今回は「オートGPS」を例にします。
    アプリをタップ>無効にする をタップ
    x-performance-disable-app03
    .
  3. 無効化する
    他のアプリが動作しなくなるかも、というメッセージが表示されますが「アプリを無効化する」をタップ
    x-performance-disable-app04

これで完了です。一つアプリを無効化するとアプリ一覧表示する際にこんなメニューが表示されるようになります。

x-performance-disable-app05

なお、無効化とはその名の通り、機能を無効化するだけでアンインストールではありません。もし無効化して何か影響が出たら、アプリ一覧から「無効」を選択し、上記の手順で再び有効化すればOKです。(=内蔵ストレージの容量を増やせるわけではありません)

 

 

無効化したアプリ一覧

何でもかんでも無効化できるアプリを無効化してしまえ!としてしまうとやっぱり動作に影響が出てしまうと思います。ちなみにわたしの利用環境ですが、ドコモサービスはドコモメールをドコモクラウドで使うよう設定している以外はドコモサービスは使わないこと、Googleサービスは基本的に全て利用できるようにしています。

すべての方が同じ利用状況ではありませんので、今回はわたしが無効化しているアプリをまとめておきます。(人によってはもっと無効化できる場合も多々あると思いますので、あくまで参考レベルと思ってください)

x-performance-disable-app06

  • オートGPS:ドコモ位置情報を使わない
  • オススメ使い方ヒント:ヒントは不要
  • しゃべってコンシェル:使わない
  • スグ電:不要
  • スケジュール/メモ・トルカ同期:Googleカレンダー利用
  • スケジュール&メモ:ジョルテ利用
  • スプレッドシート:Excel利用
  • スライド:不要
  • ドキュメント:不要
  • ドコモ音声入力:不要
  • ドコモ文字編集:不要
  • バブル:ライブ壁紙使わない
  • フェイスインピクチャー:使わない
  • フェーズビーム:ライブ壁紙使わない
  • フォト:アルバム利用
  • フォトスクリーンセーバー:不要
  • フォトスライドショー:不要
  • ブックマークプロバイダー:不要
  • ブラックホール:ライブ壁紙使わない
  • メディアプレーヤー:不要
  • 写真と動画のウィジェット:不要
  • 端末エラー情報送信:不要
  • 中国語キーボード:不要
  • 電話帳サービス:Xperia電話帳利用
  • dメニュー:webから使える
  • Docomo Initialization:不要
  • File Commander:Root Explore利用
  • Gガイド番組表DL:Video&TV Side View利用
  • Googleテキスト読み上げエンジン:不要
  • iコンシェル:不要
  • Xperia使い方ヒント:不要

 

Xperia Z5まで電池の大量消費の元凶と言われていたXperiaアプリ「Photo Analyzer Service」がアプリ一覧にいなくなりました。これを無効化されるとアルバムアプリの動作に影響があったのでしょうか、それとも元凶と認めてうまくアプリ内に包含するなどの対策をしたのかは分かりませんが、アプリ一覧に表示されなくなっています。

また6月末でサービス終了したNOTTVアプリはアプリ一覧にありません。自分でアンインストールしたのか、そもそもプリインストールされていなかったのかをスミマセン、覚えていません。

 

 

まとめ

これを実施しても不要なアプリすべてを無効化できるわけではありません。ARエフェクトやdマーケットなどは無効化できません。(不要なのに・・・)これらのアプリも無効化する場合は例えばこんな方法で極限まで無効化できるかもしれませんので、興味のある方はぜひやってみてください。

【MVNO】非rootでドコモXperiaから素のXperiaに近づけよう(ドコモ関連アプリほぼ全停止) – XperiaにおけるAndroidアプリ考察

(これから実行してみようと思います。書いてたのをすっかり忘れてましたw)