【コラム】 Xperiaフラッグシップは「Z」から「X」へ?? 待っててよかった!と素直に思えた新型Xperiaが発表!!

もう各種メディアでご覧になった方も多いことでしょう。Xperiaは新たな時代に突入した!と胸を張って言えるんじゃないかと思う「Xperia Xシリーズ」。

フラッグシップは発表されないんじゃないか?なんて考察も書いてしまいましたが、まさかのご対面にちょっと感激してしまいました。まだまだ捨てたもんじゃないじゃないの、ソニーは!!と。

xperia-z-to-x00

画像左から2016年上期のグローバル市場で暴れまくるであろうXperia X、アジアを中心とした新興市場向けにXperia XA、フラッグシップのXperia X Performance、という3つのラインナップです。

これまでのXperiaは開発拠点もルンド(スウェーデン)を始め、カリフォルニア、北京、東京と分散していて、セグメントによってまったく別のデザインであり、ボタン類を統一化することで「あれXperiaだよね」というモデルを投入してきたところ(=水平展開)、新Xperiaはほぼ同一デザインで、セグメントごとにチップセットや機能をうまく削ぎ落としたモデル(=垂直展開)を投入するんだ、と解釈しました。

新Xperia Xシリーズはこれまで以上に、誰もが「あ!新しいXperiaだ!!」と思うことでしょう。なんだかすごく嬉しくなってしまいました。(つくづくマニアだなぁ、、と思いました・・・)

 

各モデルのスペックと特徴をまとめてみます。

 

 

Xperia X Performance

日本でも発売が予定されている新Xperia Xシリーズの最上位機種です。昨日リークされていたXperia PP20なるモデルはこのXperia X Performanceだったのですね。

xperia-z-to-x01

xperia-x-performance-black-D5-main-dimensions-d1cc67d1c87238bc47e8319f3f585aeaサイズ:143.7mm × 70.4mm × 8.7mm

重さ:164g

画面サイズ・解像度:5インチフルHD

チップセット:Snapdragon 820

OS:Android 6.0

カラー:White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Gold

Xperia Z5より若干小柄になり、発熱が酷かったXperia Z4~Z5に搭載されていたSnapdragon 810の後継を採用して、電池持ちも良くなったり動作がガクガクすることなく性能面でも期待できそうです。

 

 

Xperia X

Xperia Xシリーズのうちグローバル市場で最量販されるであろうモデル。「スーパーミッドレンジ」という言葉は昨年のXperia M4 Aquaあたりから使われていましたが、今回発表されたXperia Xがこのスーパーミッドレンッジを体現していると思います。

xperia-z-to-x02

xperia-x-lime-D5-main-dimensions-b1ecf9049abd0199bb3ac023cabee42aサイズ:142.7mm × 69.4mm × 7.9mm

重さ:153g

画面サイズ・解像度:5インチフルHD

チップセット:Snapdragon 650

OS:Android 6.0

カラー:White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Gold

 

フラッグシップ Xperia X Performanceに酷似しています。違いといえばリアパネルの質感がWhiteとGraphite Blackのみヘアライン加工されていること、サイズがほんの少し小さいこと、チップセットがSnapdragon 650というミドルレンジになっていること、非防水くらいです。(細かく比べると違いがもっと出てくるかもしれませんが)逆にサクサク動くんじゃないか?と思ったりも。。

 

 

Xperia XA

アジア・新興市場向けと思われるエントリーモデル。このXperia XAのみ指紋認証センサーがないため、電源ボタンはXperia Z4などと同じようです。見た目の一番の違いは狭額ディプレイが更に狭額、いやベゼルレスです。正面から見た時に「枠」が見えません。

xperia-z-to-x03

xperia-xa-white-D5-main-dimensions-17c7f928a1ef52342d28d0719ead7d8cサイズ:143.6mm × 66.8mm × 7.9mm

重さ:137.4g

画面サイズ・解像度:5インチHD

チップセット:MediaTek MT6755

OS:Android 6.0

カラー:White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Gold

 

このXperia XAのみ、チップセットがMediaTek社製のものとなること、解像度がHD(1280×720)であることが大きな差異となります。しかしディスプレイのベゼルレスは素晴らしいと思いました。

 

 

Xperia Xシリーズに共通して一番変わったこと

これまでカラーバリエーションが複数あってもフロントベゼル(枠)の色は黒か白でした。Xperia Xシリーズはタッチセンサーを液晶側に備える「インセル型タッチパネル」を採用し、本体色に合わせてフロントベゼルの色も本体色に近い色になっていて、White・Graphite Black以外を選ぶと「あ、新しいXperiaだ!」と、見えますから、とても新鮮に感じられますね。

xperia-z-to-x05

xperia-z-to-x04

もう一つ、これまでのXperiaシリーズは板状にするため(と強度確保)、ガラスパネルは側面のフレームと面一にしていたところ、Xperia Xシリーズでは「ラウンドエッジ2.5D」というiPhone 6/6sなどにも採用されているガラス加工技術を採用し、よりプレミアム感を感じることができそうです。(その代わりガラスフィルムを貼る面積が小さくなって不格好になりそう)

 

 

これが真のフラッグシップなのか?(まとめ)

今回発表されたXperia Xシリーズ、これが長らくフラッグシップモデルとなっているXperia Zシリーズの後継になるのでしょうか。個人的にはフル4Kディスプレイモデルが発表されなかったことから、真のXperiaフラッグシップは別にあるんじゃないか?と思っています。

いずれにせよXperia Xシリーズは誰が見ても「新しいXperia」に映るでしょう。国内モデルとしては2016春夏モデルとしてXperia X Performanceが投入されるのは正式発表済みです。

Xperia X Performanceは「MNP一括0円 CB○○円!」ができなくなった今、Xperia A4あたりの後継モデルとして発表され(ただしこんな事情なのでドコモだけではなくauやソフトバンクも??)、iPhoneの売れ行きに右往左往する中、暗雲に光明を見いだす存在になるのでしょうか。

国内キャリアの新製品発表会も楽しみになってきました!

 

まだまだタッチアンドトライなどのレビュー記事が上がってくると思いますので、気づいた点などあればどんどん私見たっぷりに考察していきたいと思います。

11件のコメント


  1. 何だろう、自分としてはこれじゃ無い感がすごいです。
    過去のXperiaシリーズでは、Xperia mini proやXperia Go。Xperia ZやXpria Z2を使ってきました。

    ソニーの(Xperia)製品が嫌いというのではないのですが…スペックを見る限り普通に使える商品なんだろうとも思います。

    でも他の方も言っているかもしれませんが、もうそろそろ「オムニバスデザイン」から卒業しても良いのでは?と思います。

    Xperia z4で「完成形」 Xperia z5で「集大成」と言うことらしいですが、確かにスペック面(カメラ機能、4k画像など)機能的なことは向上していることはわかります。

    shogun様の記事にあります「ラウンドエッジ2.5D」をとって、やはり今までとは違うんだといえないこともないのですが…

    機能面の向上も必要ですけど、筐体のデザインの変革も必要なんではないかと思います。

    自分はZ Z2を使った後は、次のXperiaモデルは欲しいとは思わなくなりました。正直「飽きた」というのが本音です。

    shogun様が最後に書いた「これが真のフラッグシップなのか?」というところに期待したいところです。
    Xperia Zが出たときの衝撃。これは何が何でも欲しい!使いたい!を思わせるデザインを希望します。


  2. 個人的にはXの中でスペック差異を付けるのではなく、
    今までのようにアルファベットで区別して欲しかったですね。
    Zがハイエンドで、Eがローエンド、Xが中間機のような感じで。
    あともう1ライン、変態機種ラインがあってもいいかも。

    万が一、Zシリーズが続いた場合、Zシリーズはサイズの差異があるのに、
    Xシリーズはスペック差異があるというチグハグ…
    まぁ、Zシリーズはサイズの差異を無くすのかもしれませんが…


  3. どっちのデザインが好きですか?
    自分はXPERIA z4のがカッコいいと思いました!


  4. どうなんでしょうか?
    Xシリーズはわたしの琴線にふれなかったところを考えるとフラッグシップでは
    ないと思っています。華が無いですもん!
    大した真新しさも感じませんでした。
    かと言ってZシリーズもお腹いっぱいです。
    あっと驚くような仕掛けを今後に期待したいところ・・・。
    今回もパスですな!


  5. 自分的には新しいフラグシップのペリアのデザインかなりツボです!
    プロモーションビデオ見た感じでは防水仕様っぽくないんですけどXになって防水防塵はなくなったのかな?


  6. xシリーズはzシリーズと別ラインとEngadgetの記事に書いてありましたよ


  7. 本当のフラッグシップは別にある、に納得です。
    新しいフラッグシップシリーズにしては派手さのない印象でした。
    充電時に電圧を調整してバッテリー劣化を防ぐ機能など、実際の使い勝手のよさに重点を置いた感じで、普通に使いやすい機種になりそうですね。
    これが夏モデルなら、やはり冬モデルに更に期待です。


  8. やっと新シリーズになりましたね。SD820と前面ベゼルのカラーを同一色にしたのは評価できます。個人的にライムゴールドなんかではなく、Z5のような落ち着いたゴールドが良かったことは残念ですが…。

    代わりにブラックのヘアライン加工はVAIOやその他ソニー製品らしくて購買意欲をそそりますね。

    気になるのはバッテリー容量が下がってるのとスペックがたいして進化してないことですが…まぁバッテリーは容量よりも持ちが良ければいいし、スペックも上げすぎても逆効果なんでしょうけどね。ちょっと中途半端だしZ6の方も下期に出してくれるのかな。あとUltraシリーズは完全に捨てられたようで…


  9. 前半はXシリーズで、後半がZシリーズになるんじゃないかと予想。

    サムスンのSシリーズとNoteシリーズみたいな。