【Z1 f】故障発生したときの対処法が変わったらしい|2013ドコモ冬モデル

メイン機として長く大事に使おうと心に決めていたXperia Z1 f。

今朝、製品に付属している卓上ホルダから外して画面を見るとなんとこんな状態に。

trouble-deal01

左側1/3が暗くなってます。昨日寝る前までは何でもなかったのですが。。。(/_;)

黒背景だとそんなに目立ちはしませんが、文字が読みづらく、再起動しても症状改善せず、さっそくドコモショップへ持ち込んでみました。

 

ドコモショップではこんな診断をする

今回のトラブルは誰が見ても一目瞭然なので、その場で交換してもらえるつもりで行ったのですが。。。

現象はその場で確認。しかし最近のXperiaにはtrouble-deal02診断ツールアプリなるものがプリインストールされていて、このツールを使って診断をすることに。

このアプリは今まで画面上にアイコンやウィジェットを置くときに指の可動範囲を確認するためにしか使ったことがなかった私ですが、ようやく正規の使い方をする時がやって来ましたw

  • アプリ起動>故障診断>(今回の場合)ディスプレイ
    他にも各種センサーやWi-Fiなど様々な確認ができます。
    trouble-deal03

    なお、アプリを削除してしまっていてもdメニューから再度ダウンロードすることができます。
    dメニューお客様サポート>ドコモアプリ>アプリ一覧>(さ行) 診断ツールアプリ

 

画面のスクリーンショットでは(当然)何でもないのですが、実際はこんな感じです。

trouble-deal04

 

端末の動作には何も影響がなく、液晶パネルだけ障害が出ている状況です。(パネルというかバックライト?)

 

 

診断結果は・・・

液晶不良と判断されました。特に外傷も水濡れもないのを確認し、「交換ですよね?」と聞いたところ驚く返答が。

「ご購入後10日以上経っているので預かり修理ですね」

 

えっ?と思って聞き直してしまいました。

どうやら2013年冬モデルから、購入後10日を過ぎると初期不良扱いができず、すべて預かり修理となるよう規定が変更になったそうです。マジかー!

これは電池が内蔵されたことにより、時間が経ってから交換する人と、初めに契約をした人との電池の老化(消耗)具合が異なってしまい不公平になるから、みたいです。

 

診断ツールでの診断や規定の変更についても迷うこと無く説明できたので納得するしか無かったです。そしてその彼女の胸には「グランドマイスター」バッヂが誇らしげに付いていたのを私は見逃しませんでしたw

 

・・・もしかしたら別の担当者に当たったら別の対応(交換)もあったかもしれない、、とちょっと思いましたけれど。

 

メイン機なのでおサイフケータイの移行、カメラで撮影した画像など本体に保存していたのもあって、後日対応してもらうよう、来店(障害)報告のみ記録を残し、一旦引き上げてきました。

預かり修理となると7-10日かかるため、一旦Xperia Z1をメイン機にするために環境を整えてから、修理申し込みをしたいと思います。

 

 

預かり修理とは

こちらに手続きにあたっての注意点などは故障・修理受付にあたって | お客様サポート | NTTドコモに記載されています。

また、修理はオンラインでも受付可能です。(モデルによって不可もあり):オンライン修理受付サービス | お客様サポート | NTTドコモ

 

こちらはメーカーへ送り、不具合を修正して戻す、というのが簡単な流れです。とりあえず修理するより交換しちゃったほうがコスト的に安いだろうし、防水性能を落とす懸念もあるだろうから交換されて戻ってくるだろうな、と思っていましたが、上記の通り内蔵電池の劣化が新品になることで不公平感が出るからか、ちゃんと「修理」されるケースもあるようですね。(参考:XperiaZ1(SO-01F)タッチパネル不具合の修理から帰ってきた!)

私のXperia Z1 fはどのような対応になるのか、明日修理(かその場で交換)しに行こうと思います。

なお、ドコモショップでは目の前で初期化すること、付属品は取り外し(保護フィルムも)するため、事前に自分でやっておくと自分も窓口のおねいさんもお互い捗ると思います。

 

ガラス製保護フィルムを貼る前でよかった。。。

修理が上がってきたらまた追記したいと思います。

 

 

 

 

10件のコメント


  1. […] 329: SIM無しさん ID:U06gJKpQ 怖いな。 https://xperia-freaks.org/2014/01/09/troubule-deal/#comments […]


  2. ノイズが多くて修理に出したacro HD、
    直ってなくて次の日にまた修理に出したの思い出した。


  3. >>フロントスペシャリストさん
    やっぱ、そういう不正対策はあるものなんですねー。ドコモに限らず自社のサービスを利用する前提で、
    様々な割引等の待遇を用意する訳ですから、そういうのも厳しくやるべきかもしれませんね。
    その様な傍迷惑な苦情騒音装置には「安物のポンコツSIMフリー機で遊んでろよ、糞ガキ。」
    程度の言い返しはしたいですよねw

    しかし、直ぐに交換してくれないのも善良なユーザーへの酷い仕打ちでもあるんですよね…。
    その様なユーザーには満足度を下げない方法は無い物だろうか…。


  4. で、直↑で書き込みした者ですが。
    基盤交換しました、と修理品受け取りましたがディスプレイもメモリも変わってるわw
    Sony Mobileの凄さを垣間見た気がします(大嘘w

    ちなみに黒ですが、AOU、SAMSUNGからの昇格(?)です。


  5. 年末に再起動多発が起きまして、世間で言う仕事納めに預けて来ましたよ。

    今冬モデルからは初期クレームの即時交換もない、と思った方がよろしいかと。


  6. 故障ルールは一律になっている為、10日以降は預かりです。
    故障取替はEシリーズ以降、「登録自体が出来なくなっている」ので
    口頭での案内を間違えたとしてもオペレーション上、登録することは100%できません。

    できもしない不正改造に手出して故障取替えを目論む輩は少なくありません。
    個人的には店頭に持ち込むクズの対策としてちょうどいいと思ってます。
    Fシリーズ以降の運用変更には不正改造防止の為という名目もあります。

    預かりの際に受け取った帳票を見ていただくと分かりますが、
    基本的に預かり修理時のソフト改造判定はかなり正確に入ります。
    改造判定された場合、未修理か全損判定の高額見積り修理になります。

    ROM焼きして修理に出したいというのは、ハード故障ならわかります。
    ただ、出すならFTF等で初期状態にするのは当然かと。
    SAMSUNG端末ならTA等でカウント消してまっさらにして持ってきていただきたいです。

    グラン取得者が優れているとは無く、未取得者でも改造の切り分けが出来る者も少ないながらいます。
    切り分けをせずともFRしてないだけと思しき、明らかに疑わしい電源断再起動だったとしても
    ドコモ基準で自然故障に当たるケースになれば、交換せざる得ない現状がEシリーズまではありました。

    その制度を悪用され、逆切れ指摘も今まで多数ありました。

    2chなどでも書かれてますけど、
    いわゆる自分勝手な情弱さんのお陰で故障受付関しては今後非常に狭くなっていきます。
    勿論それ以外でも様々な理由があるのは言うまでもないのですが、
    iPhoneとの調整、コスト、店舗の稼働等、理由は様々です。
    ケー補も運用が変わっている為、今後どんどん締め付けられていきますよ。

    DS店員はROM焼きに手を出してる連中からは非常になめられがちですが
    数少ないガチな店員にあたった場合
    己の契約にずっと不正改造判定の故障記録が残ることを覚えておくといいです。
    私も数少ないガチな側なのでROM焼き失敗者には非常に厳しいです。

    また、グラン取得は販売やプランなどの総合的な提案が出来る者を指しており
    カタログに載ってませんが、故障対応の上位取得者として
    テクノグランマイスターという社内資格があるので今回どちらに当たったかわかりませんよ。


  7. 拙ブログに言及いただきありがとうこざいます。(^^)

    正直、預かり修理はかなりストレスで負担でしたが、
    修理から返ってきた後の安心感は、新品交換とは
    違った安心感がありますね。
    また壊れるんじゃないか?という不安感がないです(^^;)

    とにかく早く直って返ってくることをお祈りしています!


  8. 預かり修理って最悪ですよね…
    僕のXperiaAXのUSBバッキンの交換も預かり修理と言われ、引き下がった経験あります!
    今回の続報、お待ちしておりますm(__)m