【Z3 Compact】D5833に「全アプリ終了」付き新ファーム23.1.A.1.28を入れてみた

Xperia Z3 Compact(D5833)にたぶん国内版Xperia Z4シリーズにも搭載されるであろう新ファームウェアへアップデートしてみました。

このファームのリリース、ずぅぅぅぅぅぅぅっと待ってまして、毎日Xperifirmのアップデートチェックをしてきた甲斐がありましたw

というのも、全アプリ終了ボタンのないAndroid 5.0は、アプリ履歴が再起動してもぜーーーーんぶ残っていて、1つずつ消していかないとずっとずっとこんな感じで履歴が残ってしまうのです。しかもChrome(ブラウザ)もタブがすべて1つずつ残るので、アプリ履歴がホントに使いにくくて。

z3c-new-firmware01

新ファームは設定>端末情報>ソフトウェア更新(OTA)では降ってこなかったため、PC Companionでアップデート完了させました。

 

 

アップデート確認はやっぱりXperiFirmがいい!

最新版はV4.5.3。(2015/5/9現在)最近また頻繁にアップデートされます。

 

こちらを用いてD5833の最新ファームウェアを確認していきます。

z3c-new-firmware02

 

私のXperia Z3 Compactはもともとシンガポール版のSIMフリーモデルです。

今回のアップデート前は23.1.A.0.726という初期Android5.0.2でしたがアップデートに気づいた5/7(木)の昼の段階では23.1.A.1.28で、香港とシンガポールモデルだけだったはずなのに、今の最新はシンガポールのキャリアモデルは23.2.A.1.62と更にアップデート(?)されているようです。

 

z3c-new-firmware04

 

現在のファームウェアバージョン 23.1.A.1.28、PC Companionで確認すると「最新です」と言われます。このXperifirmというツールはホントにすごいツールだと改めて思いました。

z3c-new-firmware03

23.1.A.1.28でもマテリアルデザインの「全アプリ終了」ボタンがありますので、D5833をお持ちの方はぜひ試してみてください!

 

 

アップデートはOTAでもできる?

機種は違いますが、LTE版Xperia Z3 Tablet Compact(SGP621)はAndroid4.4.2からAndroid5.0.2のアップデートは以下のように端末だけでできました。

z3c-new-firmware06

マイナーアップデートですからこのようにOTAできると思います。

 

 

アップデートしてどう変わった?

やはり「全アプリ終了」の恩恵は大きいです。

z3c-new-firmware07

右下の「三」が全アプリ終了のアイコンです。

左手持ち左手使いには少々厳しい場所ではありますが、左図のような×もしくは横へフリックして終了させる、しかも再起動しても履歴が残っていたりブラウザの1タブまでもが1枚で表されてしまうAndroid5.0の仕様を考えると「神」ボタンですよ、この全アプリ終了のアイコンは。

 

今後発表されるXperiaはすべてAndroid5.0になります。またXperia Z以降は(海外版は)Android5.0へのアップデートが約束されています。

現時点でAndroid5.0になっていないXperia Z以前の機種はどうやらAndroid5.0を飛ばしてAndroid5.1になるという話もありますのでこちらも楽しみにしたいと思います。

(ということはXperia Z2/Z3シリーズにも当然Android5.1になる?その頃はもうAndroid Mか??)

#Android5.1では「HDボイス」をサポートしていますので、もしかしたらVoLTEにも対応できる?のかな??そうするとau Xperia Z1/ZL2/Z3あたりも可用性が増します?かね??(そもそもau XperiaがAndroid5.1に対応するかは謎ですが)

 

 

2件のコメント


  1. D5833を、23.2.A.1.62にあげてみたら、クイック設定ツールに、VOLTEのオンオフが追加されてました。

    VOLTEで通話ができるかの確認の仕方がわからないのですが、オンでもオフでも普通に通話は出来てます。


  2. 確かに全アプリの終了ボタンは必要ですね。
    ちなみにChromeは以前のように、
    設定→タブとアプリの結合→オフ
    にすれば1つのタブで表記されますね。