【NuAns Neo】 端末はすごくいい!けどWindows 10 mobileはまだまだだった(1st インプレッション)

で宣言したとおり、NuAns Neoの初回出荷に間に合って2/1に到着しました。

nuans-neo01

ひとまずの初期設定が終わってみた感想などを織り交ぜて1stインプレッションとして考察してみたいと思います。

 

実は人生2度目のWindows機。一番初めはW-ZERO3(Windows Mobile 5.0)2005年12月発売だそうです。

nuans-neo02

たまたま2006年の年始回り途中にヨドバシカメラマルチメディア館で時間潰してた時に在庫あって衝動買いしました。が、当時は自分の携帯以外に通信料を毎月支払うことができず、また使いみちもwebブラウザとメール、スケジュール管理程度しかないと思って早々に手放した苦い思い出が・・・

そんなこともあってドコモXPERIAを購入する時もそれがトラウマだったりしましたが、今はこんな感じです^^;

 

NuAns Neo!

Windows 10 mobile搭載モデルがマウスコンピュータのMADOSMA(発売当初はWindows Phone 8.1、後にWindows 10 mobileにアップデート)、ヤマダ電機のEvery Phoneなど年末から発売され始めました。そんな中、トリニティ株式会社という全く知らないメーカー(本業はスマートフォンアクセサリー輸入販売)からデザイン性も重視した製品が出るという情報があって、Windowsスマートフォンもどんなもんだろう、どうせ買うならちょっと変わったのがいいなということで予約開始と同時に申し込みました。

決め手となったのはガジェット系やオーディオ系などでも数多くのメディアに記事を書いている本田雅一さんが企画から参加しいていたこと。市場動向やユーザの声も踏まえているだろう、そんな氏がギーク受けしない製品を絶対に世に送り出さないだろう、と思ったからです。

結果として、非常に持ちやすい筐体になっていて、外装の着せ替えができるパネル、FeliCaカードを内蔵できるような工夫であったり、Continuum(コンティニュアム)*1 機能を提供しながら、リーズナブルな価格設定であったと思いました。

*1 Contimuumとは外部ディスプレイと接続することで、端末内のアプリをまるでWindows 10搭載PCのようなインターフェースで操作可能になる機能。

今回外装のチョイスミスをしてしまいましたが、あとで購入することもできるのでヨシとします。(どーしてこーなった!と憤ってますw)

nuans-neo03

手に馴染む形状、スマートフォンは薄きゃいいってもんじゃ無いよ!ということを具現化していると思いましたし、画面が目の前にあるように思える(XperiaやiPhoneよりも)感覚も久しぶりです。

nuans-neo04

メチャメチャ気に入りました♪

 

が、、、メインで使おうとすると厳しいと言わざるを得ません。それは圧倒的にアプリがない!!!

かれこれ6年ほどGoogleにお世話になってきた体、今Googleが無くなったら生きていけない!!というくらいズッポリハマってしまっていますが、Microsoft、Googleとは仲悪いようでことごとくGoogleサービスが利用できません。

Gmail、Music、Map、Keep、全滅です。GmailはOutlookアプリで受信はできますが同期の間隔が長いらしく、XperiaやiPhoneで受信したメールをもう一度読む感じにもなります。同期の設定ができてないだけ??

慣れないOSではないはずですが、とにかくおっかなびっくり触ってる感じです。

Facebookアプリはプリインストールされていました。TwitterはWindowsアプリストアから公式アプリを、Swarmは見つけた、Dropboxもあった、ジョルテもあった(けど設定項目が貧弱で使いものにならない)、通勤の友「Smartnews」もない、YouTubeは使いものにならないらしく、広告入りの3rd Party製のも渋々インストール、ユーティリティ系は皆無とドコモXPERIAの頃のAndroidマーケットレベル、いや、それ以下という印象です。

それと、各アプリの設定画面が見づらくて、アプリによっては中華フォントの出現。。。投げ捨てたくなります・・・。

nuans-neo05

開発者さんが悪いわけじゃないと思うのです。上記スクリーンショットでどの項目がオンなのかオフなのか全然わからない。このオンとオフのフォントサイズ、どーしてこーなった!と小一時間問い詰めたいですよ。プンスカ!!

 

ということでWindows 10 mobileはまだまだこれからのOSなんだなと改めて思いました。せっかくNuAns Neoがいいだけに本当に残念。いっそのこと中華タブレットのようにWindowsとAndroidのデュアルブートになっていればもっと良かったのかな、とちょっと思ってしまいました。

2月4日にはVAIO Phoneが発表になります。OS自体は同じはずなので、デザインと独自機能にのみ期待したいと思います。

Windows 10 mobile、これからどうなっていくのでしょう。こんなdisってたらきっとユーザ増えないでしょうし、アプリ開発者の方々も作る気が失せるでしょうし、なかなか浸透しないのかなぁ・・・消えてなくなってしまうのかなぁ・・・