【XZ】久しぶりにテンションが上がるXperiaでした!早く発売して欲しい!!

※この考察はExpansys Japanさんからお借りしたXperia XZ dual(F8332)を使用させて頂いています。

エクスパンシス

Xperia XZのレビューは3回目となりました。この数日間、Xperia X Performance Dualの代わりに常用させてもらいまして、改めて「これは思った以上に進化してるぞ!早く欲しいな!」と久しぶりに購入意欲をそそられたXperiaでした。

xz-review-part3-01

だって立つんですよ!ぉぃ

 

Xperia XZのいいところ

ではXperia XZイチオシ!のカメラがどのように進化したのかを検証し、Xperia X Performanceから何か進化したことはありましたか?→ありました!!ではボタンの押し具合変わったり、電池持ちについても触れてきました。

裏を返せば「それだけかよ!」となります。

でも、ふだん一番使う機能であったり、一番良く使うボタンの使い勝手が良くなるのは非常に重要な事だと思うのです。これだけでも買い替え検討に値すると思ってます。

xz-review-part3-08

 

 

電池持ち検証(Part2)

検証をスタートしたとき、外出が続いていて平常時の検証(朝7時過ぎに出勤し9時に出社するまでの電池消費状況)ができなかったのですが、今日ようやく検証することができました。

 

平常時に戻った!

Xperia Z3(SOL26)までは出勤時100% → 会社到着で78%が通常の状態でしたが、Xperia Z5 PremiumをAndroid 6.0にアップデートしてから70%を割り込むことも。

Xperia X Performanceに至っては毎日60%台、悪い時はたった2時間で50%台という酷い状態です。

xz-review-part3-03

こちらは本日のXperia XZの電池の減り方グラフです。Xperia X PerformanceもXperia XZもチップセット、メモリ容量、ROM容量、OSも同一です。違いはXperia X Performanceの電池容量は2570mAh、対するXperia XZは2900mAhと容量が大きいのが効いている感じです。

充電中のなだらかさも「いたわり充電」の効果でしょうか。

 

電池の減り方比較

そしてモバイルSuica以外は一切使わなかったドコモXperia X Performance、ポケットに入れっぱなしだったXperia X Performance Dualと3台、7時~21時時点の電池の減り具合はこんな感じです。

左から Xperia XZ、ドコモXperia X Performance、Xperia X Performance Dualです。

xz-review-part3-04

何も使ってない(はず)のに2時間くらい画面が点灯していた(ポケットに入れっぱなしだったのに)ようですが、モリモリ電池が減っていっているのが良くわかります。14時間で56%使用ですので4%/h、対するXperia X Performance Dualは15%仕様ですので1%/hです。4倍早いって・・・

キャリア版Xperia XZ、やっぱりX Performanceと同じような感じなのでしょうか、、、ここはちょっと心配なところです。

 

 

Xperia XZのメタル素材はどうやらすごいらしい

神戸製鋼の「ALKALEIDO(アルカレイド)」を採用、光を当てた具合で色合いも変わる美しいボディなんですよ~、と量販店に派遣されていたソニーモバイルコミュニケーションズの営業担当の方がXperia XZを手に取るユーザに対してさかんにアピールしていたのが印象的でした。

今回お借りしているカラーは新色の「フォレストブルー」です。紺色でもなく深緑でもなく、とても深いカラーコーディネートだと思いました。

xz-review-part3-02

Xperia X Performanceのリアパネルのヘアライン加工も捨てがたいです。

xz-review-part3-09

そして上手く撮影できませんでしたが、指紋もそんなに目立ちません。

xz-review-part3-05

 

 

USB-Type Cは今後の主流となるのでケーブル買い直しはガマン

2010年の登場時から一貫してmicroUSBケーブルが採用されてきたXperia(Android)ですが、もうXperia XZからはそのまま使うことができません。

xz-review-part3-06

でもこのような変換コネクタもありますし、あまり悲観しなくて良いでしょう。この手の変換コネクタはたくさん登場していますが、例の爆発事件などありますので、品質重視で選ぶことをオススメします。

 

microUSBコネクタは差し込む向きが決まっていますが、これからは寝ぼけてても酔っ払っていても、とりあえず差し込めればちゃんと充電されますので安心ですね()

 

 

角が気になっていましたが意外と大丈夫だった

まだ手にする前にこんな状況を想定していました。

xz-1st-impression10

今回数日間使っている中で、持ち方を特に意識したわけではありませんが、正直、手に刺さる感覚はありませんでした。あ、そういえば、、、という感じ。なので気にしなくて良さそうです。

xz-review-part3-07

 

この考察でXperia XZをお返しすることになります。非常に名残惜しいです。こんな感じ、いつ以来だろう、、、と。Xperia X Performance Dualを買っていなければ間違いなくこれを買っていたことでしょう。

あとはこの好印象がキャリアモデルでもきちんと感じられると良いのですが・・・

 

1件のコメント


  1. P→GX→SP→Z1→Z3→XpのXperiaファンです。

    キャリア版X perfomanceからSIMフリー版XZ Dualに乗り換え考えてますが、
    X performanceは非rootでも使えるようになったgreenifyでスリープ時2%/6hくらいまで改善しましたよ。

    SIMフリー版なら尚更よくなると思ってます。
    ぜひお試しあれ。
    ご既承だったらすみません。