【XZ・X Performance】 ドコモ版に最新OS Android 7.0がやってきた♪

本日1月12日ドコモXperia XZ(SO-01J)、Xperia X Performance(SO-04H)に最新Android OSとなるAndroid 7.0(Nougat)へのソフトウェアアップデートが始まりました。

Xperia(TM) XZ SO-01Jの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

Xperia(TM) X Performance SO-04Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

Xperia X Compact(SO-02J)、au版Xperia XZ(SOV34)、Xperia X Performance(SOV33)、ソフトバンク版は本日時点でまだアップデートの情報はありませんが、近日中にアップデートされるはずです。

アップデート方法は2通り

これまでと同じくXperia本体でアップデートする方法とPCで行う方法(Xperia Companion)とあります。 いずれも時間は40分程度、Xi(LTE)通信でアップデートする場合、パケット無料でアップデートすることができます。

※格安SIMを利用している場合はパケットがかかりますのでご注意ください。

 

主なアップデート内容

グローバル版Xperia X PerformanceのAndroid 7.0へのアップデートでも考察しておりますし、ドコモサイトに書かれている通りですが、

  • マルチウインドウ機能
  • 通知エリアからのSNS等への返信
  • 省電力機能の強化
  • ソニー製連絡先/ダイヤルアプリのUI変更
  • 不具合修正

となっています。他にも通知領域の表示が変わっていますし、トグルスイッチの種類が増えたりと細かく見ていくと変更点は多々ありますので、こちらは別途考察していきます。

 

 

一番期待したいのは、以前にも書きましたとおり「省電力機能の強化」です。グローバル版はもともと電池持ちが良かった状態でAndroid 7.0にすることで大きく変わった印象はありません。電池持ちは良いままです。

対するドコモ版は全く同一アプリを使っている状態でも体感で1.3~1.5倍ほど電池の減りが早かったところ、どのように良くなるのか、大変興味があります。明日から普段通り使ってみてその変化も検証していきたいと思います。

 

 

5件のコメント


  1. auのSOV33は、1月19日にアップデートだとauのホームページに告知がありました。
    楽しみだな~


  2. X Performance、7.0で封印されていた4Kビデオが使えるようになりましたね!
    夏は発熱の問題を恐れて封印してあった説は本当だったかもしれませんね


  3. どうもCPUの制御方法が変わった?影響なのか、電池持ちはよくなっても、アプリの動作が悪くなったという例もあるようです。
    かく言う私も、よく使うアプリの動作が悪くなりました。
    他社製の名前を出して申し訳ありませんが、一時期のARROWSなどはXperiaと同じCPUを採用していても、電池持ち重視の姿勢もありゲームなどはプレイ困難な場合もあったので、それを彷彿とさせます。まさかXperiaでそのような事になるとは、とショックを受けています。


    1. それは、アプリ側の7.0への対応が出来ていないという可能性もあるのでは?過去のメジャーアップデートを見ても、ゲーム等の動作に問題が起きるのは特段珍しいことではないですし。


  4. いつも記事を楽しくワクワクで読ませてもらってます
    省電力はひっじょーに気になります!
    ほかにも7のいいとこ、悪いところ教えてくださいませ