Android 8.0なXperia XZ Premiumはすべてが素晴らしく良いので讃えてみた!

昨年12月19日よりAndroid 8.0へのOSアップデートが配信されたドコモXperia XZ Premium(SO-04J)。もうアップデートしましたか?

 このアップデートは久しぶりに胸のすくような快適さをもたらす素晴らしいアップデートで、このままずっと使い続けることができそうな内容だったので、今回は何がそんなに良かったの?という点をまとめます。

(しかしふざけたアップデート通知だった・・・)

なんといっても電池持ちの改善

もともと電池容量が3230mAhと比較的大きな電池を搭載していて、アップデート前でもこれまで所有したXperiaの中では電池持ちは良いと思っていましたが、更に良くなりました。

具体的には朝7時に100%スタートし、普段通りSNSやニュースサイトを見続けて2時間の電車通勤で残り78~80%、昼休み段階で60%を切り、15時過ぎには40%台に落ちるため、帰宅に向けて充電をするのが常でした。
要はdeep sleepせず使っても使わなくても電池がどんどん減っていく現象が起きていて、一日無充電で過ごすことは考えられませんでした。

左:Xperia XZ Premium(Android 8.0) 右:Xperia XZ(Android 7.0) *あまりに調子悪く初期化した直後

deep sleepしない件は(個人的な経験の話ですが)Xperia Z4以降のドコモXperiaで起きているように感じます。これはドコモ系サービスとLINE以外のアプリとアプリの設定をしたサブ機 Xperia X Performance Dual(F8132)において、使用頻度は低いものの、満充電から約13~4時間後の残量は80%以上のため、この原因はドコモ系サービスなんじゃないかと推察しています。

今回Android 8.0にアップデートしたSO-04Jは電池容量の差はありますが、上記(左)のとおり、2時間通勤を終えても85%程度、昼時に70%弱、15時でも50%後半で18時時点でも50%残った状態です。もちろんこれまで使ってきたXperia XZとまったく同一環境です。

アップデート開始初日からAndroid 8.0にしていますが、アップデート以降(の平日利用時)はほぼ同じ状態に落ち着いているため、これが実力なんだと判断しました。

丸一日充電無しで過ごせることが当たり前って思えること、非常に満足です。

(ちなみに今年の正月、あまり使ってなかったのもありますが36時間無充電でいけました)

 

 

動作の快適さは不変

Xperia XZ Premiumの動作に関する不満はもともとありませんでしたが、Android 8.0にアップデートしても何の不満もありません。アプリの切替やソフトキーを押した時の動作もXperia Z5の頃に感じていた動作ラグもなくキビキビとしています。

また、Xperia XZ Premiumは発熱もしなくなりました。これまでのXperia XZ、たまにCPUが暴走するときがあって、その時にカーっと熱くなることもままありましたが、そういうことは一切ありません。

本当に動作が安定していて非常に満足です。

 

 

カメラの歪み補正機能も良い

例えば16:9ワイドモードで人物の入ったスナップ写真を撮るとき、画面の端に行けば行くほど顔が歪んだ写真ができあがってしまってましたが、歪み補正をONにするとこれが(多少)改善されるようになりました。

自分の顔は晒すほどのものじゃないのでネットから拾った写真で比較させて下さいスミマセン。

赤枠で囲った女性に注目して下さい。

カメラの歪み補正なし / あり で比較すると、補正なしのほうが歪んでいるのが分かるでしょうか。

レンズの歪みはレンズの味」と言われるみたいですが、Xperia XZ以降のカメラはちょっと酷すぎました。この歪みON/OFFで完璧ではありませんが違和感が少なることは歓迎したいと思います。

ちなみにExcelの罫線でも同じように歪み補正の有無でだいぶ変わります。

上:歪み補正なし 下:歪み補正あり です。上は罫線が波打っているような不自然さに対し、下は罫線が直線になっているのが分かると思います。

 

Xperia XZ PremiumのAndroid 8.0はやっぱり良い!まとめ

Xperia XZ Premiumは2017年Xperiaのフラッグシップモデルとして6月に発売されました。その後発売されたXperia XZ1に一瞬だけ後塵を拝しましたが、OSアップデートしてほぼ互角の性能と機能を身につけることとなりました。(でもオーディオは負けてる)

もうじき2018年Xperiaが登場しますが、この性能をもってすればあと2年、いや3年は満足して使えるんじゃないかと思います。(3年の根拠はnuro mobile版Xperia XZ Premiumに3年分割プランが設定されているため、メーカーとして「3年は使えるよ」と理解してます)

もともとドコモXperia XZ Premiumは実質負担額が45,360円(1,890円/月)だったところ、9月より値下げされて39,528円(1,647円/月)となり、お買い得にもなっています。
(最新のドコモXperia XZ1(SO-01K)の実質負担額は31,104円(1,296円/月)なのでXZ Premiumのほうがそれでも高いのですが)

2018年Xperiaの国内版の発売は例年のとおりなら5月発表・6月発売でしょう。それまで待てないという人はXperia XZ Premiumも候補に入れてみてください。きっと満足できると思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。