【arc】Bootloader Unlock【成功させたいけど・・・失敗ちう】

※2011/04/17現在、これを適用してもアンロックされません。PC側のAndroid bootloader Interfaceが入らないため、データが消えるだけですw

さていよいよやってまいりましたarcのカスタム策の第一弾「Bootloader Unlock」です。ソニエリ公式のブートローダアンロックサイトでアンロック成功させるための考察です。

【重要事項】

本作業に伴う不具合、故障に関しては当ブログでは一切責を負いません。完全に自己責任となります。もし故障した場合はdocomoの保証もなくなりますし、作業後には初期化されます。

現時点ではxRecoveryやTitanium Backup等のバックアップ策もありませんので十分ご注意願います。

というリスクをご理解いただいた上で読み進めてください。
(arcがスマホデビューとかな方は読み飛ばしたほうが賢明です)

 

◆準備するもの◆

◆適用手順◆

xdaに書いてあるとおりでまずはFlashtoolでBootloaderをアンロック出来る状態にするため、PCにAndroid Bootloader Interfaceドライバをインストールできるようにするためのツールです。(素のSO-01Cだとこのドライバが入らない)

1. Download correct loader: http://www.multiupload.com/KN7SQNKLQ2

2. Open LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.ftf with WinRAR

3. Copy and replace loader.sin in the .ftf file with the one from step 1

4. Close WinRAR

5. Flash, flash, flash!

 

 

【Bootloader Unlockできる状態にする】

  1. DLしたファイル(LT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JP.rar)をWinRARで開く
  2.  

  3. WinRARの左上「add」を押してloader.sinを入れ込む
  4.  

  5. メッセージ出るので「はい」を押すと再圧縮される。完了したらModifiedの日付を確認。
  6.  

  7. 再度解凍する。(WinRARほぼ初使いなのでこの辺の手順はちょっと違うかも・・・7-zipでも行けそうな気がする)
  8.  

  9. —–ここ以降、arcは初期化されます。元に戻れません。docomoの保証もなくなります。—–
    できあがったftfファイルをFlashtoolのfirmwaresディレクトリにコピー、Flashtoolを実行。(自分まだ2.6使ってます)
  10.  

  11. Flashtool画面の下から4行目に「Flashing finished.」と出ていれば成功です。これでSIMロック無し端末と同じ状態になってるはず。ここで一旦再起動してちゃんと起動するか試してください。起動にちょっと時間かかります。ビビりましたww

 

 

【Bootloader Unlock】

  1. Unlock the bootloaderサイトへ行き、画面下の「Start unlocking the boot loader」をクリック、更に次のページの下部の「Continue」をクリック
  2. 説明を読んで(読めないけど)「Yes,I’m sure」、次のウインドウの□にチェックを入れ「I accept」をクリック。
    (保証がなくなるよ、という警告です)
  3. 必要事項を入力し「Submit」
    • IMEI:「三」>設定>端末情報>端末の状態>IMEI(15桁)の末尾を除く14桁を入力
    • Name:名前
    • Email:ちゃんと入れましょ

    確認コードが表示されるので控える。

  4. 確認コードは×で閉じ、手順7にあるunlockbootloader.sonyericsson.com/downloadinf.zipをDLし、zipファイルを解凍、android_winusb.infというファイルをPCのAndroidSDKの「android-sdk-windows\usb_driver\SEMC_Android_Driver_Signed\usb_driver」フォルダに上書きする。
  5. arcの電源を切り、メニューボタン「三」を押しながらPCとUSBケーブルで接続。PCにドライバが勝手にインストールされるはずだったのですがうまく入らず。デバイスマネージャでAndroid bootloader Interfaceを強制的にドライバインストールするも「デバイスが開始されません」で手詰まり。

 

もうちょっとなんだけどなぁ。。。といっても自分、開発するわけじゃないのでアンロックしなくてもいいんじゃね?とか思ったりしてw

とりあえず現時点ではうまくいかないっぽいです。データ完全に消えましたけど人柱なのでいいんです、はいwww

今日のところはここまで。中途半端でm(__)m

9件のコメント


  1. […] 真っ先にやってみたい衝動にも駆られますが、Flashtoolで2.3.2に戻せる環境はあるけれど、、、xRecoveryできない今、まだちょっとだけ躊躇してしまってます。。 […]


  2. 思うんですが、三ではなく、戻るボタンを押しながらだとおもいます。
    それでflashモードでarcが起動します。


  3. 私は、Xperia neo ですが、昨日公開された「GingerBreak」にてワンクリックで「root
    化」に成功しました。とても簡単です。


  4. #3ですが、本日、Root取得のBoot.imgも公開されたました。
    BootloaderUnlockが必要との事ですが、上記手順で解除できるのならば
    これを用いてRootも取得できるのではないかなと思います。


  5. 1.グローバル版(Simロック無し)のROMを導入(ドコモ版ではSim解除画面出せない為)
    2.他社Simを挿入し、解除画面からSimロック解除(海外サイト等でコード入手or自己解析?)

    この状態から、ドコモRomに戻せないという事で用意されたのが該当スレのドコモRomのようです。
    Sim解除まで進み、そのままグローバルRomでBootUnlockしてドコモRomに戻すのか
    Sim解除後、ドコモRomに戻してからBootUnlockかは不明ですが、どうやらそういう手順のようで
    とりあえずSim解除コードの入手と解除手順が必要なようです。


  6. XDAのページで報告されている手順は,(1)まずグローバル版のROMを入れる,(2)unlockする,(3)DoCoMoのROMを入れる⇒「DoCoMoのROMかつunlockの完成」ではないでしょうか?


  7. ショーグン様
    大変分かりやすい考察、とても参考にさせていただいております。
    私も同じ状態でLT15i_3.0.D.2.79_DoCoMo_JPでPCと接続しても反応してくれないんですよね・・・
    ちなみにLT15香港グローバルROM(LT15i_3.0.A.2.181_Global_Customized.ftf)で試してもダメでした。

    ちなみに、
    >AndroidSDKの「android-sdk-windows\usb_driver\SEMC_Android_Driver_Signed\usb_driver」フォルダに上書きする
    とありますが、私の環境(Win7pro64)では、何故かこのフォルダが無く、どこにandroid_winusb.infを入れたらいいのか分かりません・・・w