【2.1&2.2】海外ファーム導入方法(とdocomoへの戻り方):Flashtool

やっぱり避けて通れない海外ファーム対応。2011年1月に海外版ファームに対するアップデートが行われ、カスタムROMもだんだんそちらにシフトしつつあります。CM 6.1.1 Tweaked and with Extrasとかも非常にサクサクらしいですね。
今までは標準docomoROMでもFreeX10を筆頭にAndroid2.3(GB)など様々なカスタムROMを入れることが出来ましたが、今後は導入NGになる可能性もあります。今後もXperiaライフを充実させるため、ここらで海外ファーム導入(ベースバンド変更)⇒万が一のことを考えdocomoに戻ってくる策を考察しておきます。

 

◆準備するもの◆

※本対応にはWindowsPCが必須です。またAdnroidSDK、JAVA、adb環境(環境変数の設定)等が必須です。

 

 

◆作業手順◆

【ファームウェア書き換え(docomoROM[2.0.1.B.0.19]→2.1.A.0.435)】

  1. xRecoveryで現環境をバックアップ
  2.  

  3. [PC]:ファイル準備:
    xdaのFlashTool version 0.2.6ページより以下のファイルをDL
  4.  

  5. [PC]:ファイル操作:
    DLしたSony Ericsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9897.zipを任意の場所に解凍、中のSony Ericsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9897.ftfが出来ているか確認
  6.  

  7. [PC]:Flashtool実行:
    FlashTool version 0.2.6(FlashTool-0.2.6.exe)を実行。任意の場所にフォルダを作ってインストール

  8.  

  9. [PC]:ファイル操作:
    インストール後D:Documents*****_X10Flash tool2.6firmwaresフォルダにSony Ericsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9897.ftf、X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftfを入れる
  10.  

  11. [xperia]:Xperia最終準備:
    Xperiaの電源OFF
  12.  

  13. [PC]:ファーム書き換え作業:
    X10FlashTool.exeを起動。ウィンドウ左上の「Flash」>Sony Ericsson…(上のファイル)を選択。USB接続画面になったら「←」を押しながらPCとUSB接続(先にケーブル繋いでおいて「←」押しながらPCにUSBケーブル挿したほうがラク)
  14.  

  15. [PC・端末]:ファーム書き換え:
    うまく接続できると自動的にFlashtoolが走る。2~3分待つと、コマンドが一旦止まります。下から4行目にFlashing finished.と出れば成功。USBケーブルを抜き、xperia起動。懐かしい起動画面が出てきますww

    成功するとベースバンドバージョンが2.1.54、ビルド番号が2.1.A.0.435になってるはずです。この時点でサクサクヌルヌルでまるでXperiaが全く別の端末になってるんじゃね?と思えるはず。このまま使うのもいいかなーw
  16.  

  17. [PC・端末]:マルチタッチドライバ適用:
    一旦Xperiaの電源OFF。Dual touch addon for any X10i/X10a (thanks to Bin4ry)よりDLしたX10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftfを、手順6と同じように再度flash処理実行。今度は下のX10を選択。小さいウィンドウでX10(一番上)を選択。(X8とかminiも同じドライバなのね)
    同じく下から4行目にFlashing finished.と出ていれば完了です。一旦ケーブル抜いてXperiaを起動

    (「くぱぁ」確認するにはAPN設定してブラウザとかで試してみてください)
  18.  

  19. [端末]:PCとの接続準備:
    「田」>設定>アプリケーション>開発>USBデバッグにチェック入れ、XperiaとPC・をUSBケーブルで接続
  20.  

  21. [PC]:root化作業:
    X10FlashToolで「root」をクリック、自動的にroot化されXperiaは勝手に再起動。Flashtoolでは最後に「Root should be available after reboot!」と表示
  22.  

  23. [PC・端末]:xRecoveryインストール:
    端末が起動したらX10FlashToolで「Ask root Perms」をクリック、Xperia側でSuperuserの確認画面が出るので「許可」をタップ、X10FlashTool画面左上の「Advanced」よりInstall xRecovery (Root needed!)をクリック。「 xRecovery successfully installed」と出れば導入成功!
  24.  

  25. [端末]:最終確認:
    完了後、Xperiaを再起動、「Sony Ericsson」ロゴで「←」を少し長めにカチー、カチーと押してxRecoveryが起動するのが確認出来れば成功!

あとはFreeX10 beta4入れるもよし、流行りのCM 6.1.1 Tweaked and with Extrasを入れるもよし、いろいろカスタマイズを楽しんでください!

 

 

【ファーム書き戻し(2.1.A.0.435→docomoROM[2.0.1.B.0.19]へ)】

戻したromはいわゆる「割れ」状態なので、できればdocomo化した後、SEUSで初期化してから環境作り(xRecoveryとかで)を始めたほう が宜しいかと思います。(本手順は海外版→docomoに戻ってくるために『しかたなく』使う、という認識を持って頂ければ幸いです)

  1. docomoファームのROMをDL。(DOCOMO MULTITOUCH [2.0.1.B.0.19])
  2.  

  3. 【追記】追加ファイルをDL。(これ無いと起動できず無限ループになります)
  4.  

  5. 落としたファイル(Docomo_2.0.1.B.0.19.rar)を解凍
  6.  

  7. X10FlashToolの左上「Advanced」>「Bundle Creation」>解凍したフォルダを選択>OKで左側に解凍したファイルが表示
  8.  

  9. 左側のファイル群を全て選択>「→」で右側の「Firmware content:」に移る。
  10.  

  11. 右上のDevice~Brandingへ好きな名前を入力。(ex. Device:So-01B、Version:2.0.1.B.019、Branding:docomo)
  12.  

  13. 全て入力し終わったら右下の「OK」をクリック、小窓でるのでX10を選択しOK。コマンドが流れ「Finished bundle creation」で完了
  14.  

  15. 解凍フォルダX10Flashutoolfirmwareフォルダに先ほど指定した名前のftfファイルが生成される
    今回の場合は「SO-01B_2.0.1.B.019_docomo.ftf」となる
  16.  

  17. 後の作業は上記と同じです。生成されたftfファイルをfirmwaresフォルダに入れ、「Flash」クリック>X10>X10>USB接続を求められるのでXperiaの電源を切った状態で「←」を押したままUSB接続すれば自動的に書き換えられます

    一度ftfファイルが生成されてしまえば次回以降はそのファイルでdocomoROMに戻ってこられます。
  18.  

  19. 冒頭にも書きましたが、あくまでdocomoに戻ってくるための手順なので、このあとにSEUSで初期化してから次の作業に進むようお願いします。
    自分の場合、書き戻した直後の起動でループになり、結局SEUSで初期化しました。

     

     

    【追記】⇒xdaの元ファイルに1つ不足してたため誰もが起動ループになりますので、追加ファイルをDLし解凍、userdata.sinを入れてX10Flashtoolで再度ftfファイルを生成してください。
    ちなみに「そのままxRecoveryでそのまま戻せばいいじゃね?」と思って実行したところ、APN設定不可となりました。
    思うにWindowsでいうBIOSのようにxRecoveryではファームの書き換え(書き戻し)までは出来ないんだろうなぁ、と。
    なので素直にX10Flashtool→SEUSするしかないと思います。

 

Global版とdocomo版での行き来は多少手間はかかりますが、できるようになります。
更に楽しくなりますね~♪

参考blog:清明の空論

http://sorairo333.blog123.fc2.com/blog-entry-53.html

41件のコメント


  1. 「Flash」をクリックする。
    のFlashボタンが押せません.

    どうしたらよろしいでしょう??


  2. […] 下記作業を行うと初期化の際SEUSが使えなくなるので、flashtoolの使い方及びdocomoファームに戻すためのftfファイル(と追加ファイル)を事前に準備しておく。 […]


  3. […] 下記作業を行うと初期化の際SEUSが使えなくなるので、flashtoolの使い方及びdocomoファームに戻すためのftfファイル(と追加ファイル)を事前に準備しておく。 […]


  4. いつも楽しく読んでます。
    したらばにも投稿したのですが、CM TW V008.1(BB67)を使用している最中に、USBポートがPCより認識されなくなりました(双方向)。たぶんハード故障だと思います。(ケーブル・PCは問題なし)
    この時、USBポートを使用せず、DocomoROMに戻す方法があれば教えていただきたく、
    よろしくお願い申し上げます。


  5. 管理人さん、はじめまして。
    現在BB54のファームで運用中なのですが、海外でAndroid2.3が提供された場合、X10iとしてアップデートを受けることは可能でしょうか?。調べてもどうにもヒットしないんですよね・・・。


  6. […] 【2.1&2.2】海外ファーム導入方法(とdocomoへの戻り方):Flashtool […]


  7. […] fashtool (使い方考察はこちら) […]


  8. はじめまして。詳しく書かれていて大変参考になりました。ドコモromに戻す時にxrecoveryでやるとapn設定が出来なくなるとの事ですが、これは入力ができないとかそういう状況でしょうか?私は海外バージョンのROMに変更後、一度flash toolで海外版のromからドコモ版へ戻した後、superoneclickにてルート化→マーケットからbusyboxをインストール→元々sdカードに入れておいたxrecoveryをインストール→ドコモromの時のxrecoveryのバックアップにて復元で大丈夫のようでした。ただ、どんな感じの不具合がでたのか教えていただけたら幸いです。私のはみため大丈夫そうですが、同じ不具合が再現できるならば再度インストールをやり直そうと思います。


  9. […] hToolをDLしたページには海外ファームも置かれています。もしdocomoファームではなく海外ファームベースでカスタムROMを入れる場合はこちらの考察を参考に海外ファームで初期化します。 […]


  10. […] がりますので、安全確実なSEUSでまずは初期化を目指すことを推奨します。(FlashToolの使い方は以前こちらで考察しています。海外ファームを入れてる場合はSEUSが使えないので必然的にFlas […]


  11. […] Flashtoolが使える環境(考察済み) […]


  12. […] だったらxRecovery環境をFlashToolで導入し、五郎さんのカスタムrom使ったほうがよいかもです。 ◆使い方 […]


  13. […] もしそうなったらroot取ってGeneric版にするだけなのですけどww (ちゃんと日本語環境で使えます) […]


  14. […] FlashToolsでxRecovery環境構築 (1)起動したら「田」>設定>アプリケーション>開発>USBデバックにチェックを入れる。(これ忘れるとこの先続けられないので必須) (2)Rootボタンでroot化。(自 […]


  15. 最後のxRecoveryが起動できないんですが理由分かる方いませんか?


  16. 初めまして
    いつも参考させてもらってます。

    CM6.1.1を導入してみました。個人的にはFreeX10より安定しています。

    libemoji_docomo.soの方法で絵文字も正常に動きました。


  17. @ショーグン  
    ショーグンさんありがとうございました。できました!
    ブラウザで違うんですかねええ?

    これで私のXperiaも帰国切符をもって世界へ羽ばたけます。

     素人ながら、頑張って皆さんについて行こうと思います。
    当然、自己責任で。

     応援してます。頑張ってください。


    1. 良かったです!IEはいろんなクセがあって使ってなかったんですが、正にそれが原因だったみたいです。

      これからもよろしくです!


  18. @higepp さん>
    んー、このブログにありますDual touch addon for any X10i/X10a (thanks to Bin4ry)のリンクから
    ダウンロード出来るファイルは「X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftf」なんですよね。。。

    もしかして、、、と思いブラウザをFireFoxからInternetExploreに代えたら、、、確かにzipになりますね。
    「これかー!」と叫んじゃいましたww

    DLしたファイルの拡張子をzip⇒ftfに変更してください。これでいけるはずです。
    (後ほど追記しておきますね)
    頑張ってください!!


  19. @サタン さん>
    空白ですか、、、なんだろう。
    で、スミマセン、どうしてもカクカクしちゃうのでdocomoROMに今は戻してしまいました。
    今度435に行ったときに確認してみます。m(__)m


  20. @ショーグン
    忙しいところすみません。返信ありがとうございます。
    Sony Ericsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9897.ftfの方は普通にダウンロードし、間違いなく拡張子表示されているので問題ないと思うんですけど、、、、(涙)
    X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.zipは解凍すると「X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch」というフォルダができて、その中に「META-INF」というフォルダと「kernel.sin」というSINファイルがあります。「META-INF」というフォルダには「MANIFEST.MF」というMFファイルがあります。お目当ての.ftfファイルがないのです。

    素人には、敷居が高すぎたのかもしれません。。。ショーグンさん、皆さん、有用なこのブログを汚してしまいすみません。


  21. 2.1.A.0.435はいいのですが、POBOXにおける絵文字一覧が空白となってしまいます。
    そのことに関して、暇があるようでしたら、考察お願いします。


  22. @KBMS6369 さん>
    もしかしたらxdaサーバ側の問題かもしれませんので、あまり気にしないほうがいいかもです。
    この機会にPCを買い替え(もしくは初期化)もいいかもしれませんねー


  23.  はじめまして、いつも拝読させてもらってます。

    Dual touch addon for any X10i/X10a (thanks to Bin4ry) からダウンロードしたX10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.zipファイルを解凍してもX10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftfが
    なく、困惑してます。
     ググってみましたが、「zipファイルを手動でftfファイルに書き直す」とういうとこまでしか
    わからず、、
     何か方法ありましたらご教授ください。


  24. @ショーグン さん
    昨日までなぜかPCからも出来なかったんですよね~。
    今、やったら出来ました。
    ありがとうございます。

    ショーグン さんがいうようにxperiaからはDL出来ない(文字の羅列画面しか出ない)ことは
    実行して理解してたのですが…。
    自分のPCは、もうそろそろ変え時なのかな(ToT)


  25. @KBMS6369 さん>
    直接ftfファイルをDLできるリンクです。PCでからはできますよ。
    xperiaのブラウザからは拡張子が対応してないから?落とせないみたいですね。

    今回はPC前提の考察なのでxperiaから落とすことは想定してませんでした。m(__)m


  26. はじめまして。いつも参考にさせていただいてます。

    Dual touch addon for any X10i/X10a (thanks to Bin4ry)はXDAの方からでも
    ダウンロードできない状況見たいですね。


  27. 素人の独り言です。
    考察されてるのを見てこれはいける!!
    と思ってやってみたのですが。
    global版を無事導入できたので、そのまま安心してしまったのか…
    xrecoveryでfx10.beta3をリストアしてしまいました。

    結果再起動の繰り返しに。

    docomoファームには戻せた様ですが、
    まだ再起動ループから抜け出せずにいます。。。

    これからSEUSで初期化を試してみます。。


  28. […] 2.1.54導入参考サイト […]


  29. flashtoolでdocomoファームに戻す前にxrecoveryでfullwipeしておくと
    SEUS使わずに戻せましたよ
     
    一度やってみてください


  30. @ライム さん>
    実はそれを実行しました。
    結果、docomoファームでFreeX10 b4当てるとなる現象(APN設定不可)が発生します。
    アプリとかは戻るんですけど、通信ができないんじゃ…という結果でございますw

    この件は大事なことなので追記しておきますね。


  31. はじめまして。いつも読ませていただいてます!!

    ところで、Flashtoolで、X10i→docomoに戻しSEUSで予期化ってあるけど、
    別に初期化せずにXrecoveryでバックアップしておいたdocomoファームに戻しても同じですよね??


  32. @キム さん>
    いやいや、自分も楽しんでやってますからね。やっぱり何度かトラブルで初期化したりするときにもkの考察ブログを
    見ながら作業したりしてますからw
    (もともと自分用の覚え書きですし)

    これからも応援宜しくお願いします!


  33. ショーグンさんには、いつも頭が下がります。
    こういう経験談(失敗ケース含む)が後から続く人達にはとても重要なんですよね。ありがとうございます。
    しかもその内容が私のような初心者にも理解できるように記載されていて、本当に感謝です。
    再アタック後の情報、お待ちしています。


  34. @キム さん>
    Global版は誰でも体感できるサクサク感です。これを体験したらdocomo版には戻れないですよーw
    ちなみに昨夜SEUSしてxRecoveryで元環境に戻ってくるまで、うまくBusyboxが入らなくて難儀しました。
    jp版書き戻し>起動ループ>強制シャットダウン>SEUSでdocomo2.1。
    googleアカウントログイン>アストロDL→xRecovery入れ>Busybox DL→インスコ>xRecoveryインスコで失敗
    xRecovery抜き、Busybox抜き、xdaよりxRecovery0.3DL→入れ>Busybox再DL→インスコ>xRecoveryインスコで成功>Restore(今ココ)

    どうもdocomo2.1でBusyboxを入れるのに30分以上かかり、なんとなく動作おかしかったのですが、restore後は
    今まで通りの動作になりホッと一息、という感じです。
    今晩再度435行こうと思ってますw (長文スマソ)


  35. ここまで考察されていると、Global版試して見たくなりますね。1番懸念していたのが、docomo版に戻れるか?でしたから。なんだか試したくて、ムズムズしています^^;


  36. […] This post was mentioned on Twitter by みせる, ショーグン. ショーグン said: New blog post: 海外ファーム導入方法(とdocomoへの戻り方):Flashtool http://bit.ly/fVOSvk […]


  37. これはついにGlobalに移行っつうことですね??個人的にかなり喜ヴぁしいですw