【NX・acro HD】ftfファイルを作る(FlashToolを用いた「OSのみ」初期化も可能)

<下記はext4に対応していないFlashtoolを使用する場合の作り方です。Flashtool 9.0.xではloader.sinもFlashtoolで作成可能です>

 

新しいXperiaを手に入れてまず実施するのがSEUS。何はともあれSEUSです。SEUSって何?というかたはこちらの考察をご覧下さい。現時点でrootedできないので文鎮云々は気にせず^^;

SEUSする理由はFlashToolで「ユーザデータ(アプリや設定)を残したまま」OSのみ初期化できるためです。

CWMとかTitaniumが使えるrootが取れるまでの間は結構大事なリストア方法だったりします。もちろんrooted後の初期化するときもSEUSするよりも短時間で戻る(*)ので、環境を作っておくに越したことは無いです。

(*)後述しますが、SEUSと全く同じ初期化にはならないようです。。

今回考察するのは、Xperia NX・acroHDはファイルシステムがext4に変更されたため従来のftfファイルの作り方では正常にftfファイルが生成できないことが判明したため、手順を残すこととしました。

 

◆必要なもの◆

※もしConvertToolがうまく行かない場合、Android SDK環境のセットアップが必要かもです。
こちらが非常に参考になると思います。 http://smartgoods.me/2011/10/special_android_sdk_install/

 

 

◆作業手順◆

※もし現時点でアプリとかインストールしてたりしたら全部消えますのでご承知おきください。

※過去SEUS使ったことある人はインストール元ファイルを(以下の3つ)は削除もしくは退避して下さい。
C:\Program Files\Sony Ericsson\Update Service\db\13740270\blob_fs\FILE_xxxxxxxxxx 3つあります。

(1)各ツールのインストール

<FlashTool・7-zip>

  1. ダウンロードしたファイルをPCにインストール

<Convert Tool>

  1. ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍

(2)導入作業

ここからは主にPC側の作業でftf形式のFlashToolで使える初期化用ファイルを作る手順です。(Xperiaの初期化が必須です)

<ftfファイル作成の元ファイルを抽出>

  1. SEUS実行
    PCと接続するには音量(小)を押しながら接続する。(画面の指示通り)
  2. 初期化用元ファイルの取得
    SEUS完了後、下記フォルダにある3ファイルを任意のフォルダにコピー
    C:\Program Files\Sony Ericsson\Update Service\db\13740270\blob_fs
    • FILE_278568425 (64kb)
    • FILE_278657803 (9,532kb)
    • FILE_278657942 (330,633kb)

【新手順】<FlashToolを用いてftfファイルを生成>

  1. FlashToolでDecrypt(復号化)
    FlashTool起動>Advanced>Decrypt Files

    SUS/PC Companionで取得したFILE_xxxxxxxxxを3つともDecrypt

    手順2.でコピーしたファイルを選択しOK。「FILE_278568425」は使用しない。

  2. Bundle Creation
    メイン画面でDecrypt処理が開始、1~2分くらいでBundle Creationの別ウインドウが開く。
    1. Folder Listより以下の2ファイルを除くファイルを「→」で右に移す
      • partition-image_S1-SW-LIVE-DE72-PID1-0002-MBR.sin
      • simlock.ta
    2. 右上の3つのフィールドに必要事項を入力。
      「SO-02D_6.0.A.4.1_docomo.ftf」のようなファイル名称となり、複数のバージョンを管理するときに重要な情報となります。
      定義(例) devices Version Branding
      Xperia NX SO-02D 6.0.A.4.1 docomo
      Xperia acro HD SO-03D 6.0.A.5.6 docomo
    3. 必要事項を入力したら「OK」、Device Selectionの小窓が開くので「Cancel」
      (ここでNXとかacroHDが出るようになれば以下の作業が不要となるはず、、)

  3. FlashTool作業完了
    メイン画面上に「Finished bundle creation」と出れば完了です。(まだ作業は続きます)

  4. 生成されたファイルを確認
    ドライブ名:\インストールパス\Flashtool0.6.8\Flashtool\firmwaresに「SO-03D_6.0.A.5.6_docomo.ftf」が生成されている
  5. 続いてこのftfファイルを修正(追記)します。(loader.sinが無いのです。。手順2-3で「Cancel」しましたが、ここで端末を選べたらloader.sinが入るようです。FlashToolはまだ2012年Xperiaシリーズでは冒頭書きましたファイルシステム変更に伴う対応がされていないため、次の手順でftfにloader.sinを追記してあげる必要があります。
    ⇒冒頭修正しました通り、現行Flashtoolのバージョン9.0.xではext4をサポートしたため上記作業でloader.sinも作成可能です。

    (7-zipでSO-03D_6.0.A.5.6_docomo.ftfを見てみました)

<loader.sinを作成する>

  1. ftf作成で使用しなかった「FILE_278568425」を事前に解凍した「ConvertTool」フォルダにコピー
  2. 「FILE_278568425」をSeusDecrypt.batに重ね合わせると「FILE_278568425.tgz」が生成
  3. FILE_278568425.tgzを7-zipで展開、「FILE_278568425.tar」が生成
  4. 「FILE_278568425.tar」を「loader.sin」にリネーム。拡張子も含め変更

<SO-03D_6.0.A.5.6_docomo.ftfにloader.sinを追加する>

  1. 7-zipでSO-03D_6.0.A.5.6_docomo.ftfを開き、loader.sinをドラック&ドロップ、書き込み確認が出るので「OK」
  2. 書き込み完了すると下記ファイル構成となります

    ファイル構成、容量を見比べてみて違ったら書きこみ失敗する可能性あるので再度やり直して下さい。

    ファイル・フォルダ名 容量
    META-INF 102
    amss_fsg.sin 58,730
    amss_fs_1.sin 1,602
    amss_fs_2.sin 1,602
    apps_log.sin 4,384,133
    cache.sin 6,837,842
    fotakernel.sin 4,975,551
    kernel.sin 4,941,029
    loader.sin 136,600
    system.sin 528,164,228
    userdata.sin

    45,072,858

確認終了後、7-zipを終了。(右上の×で閉じる)

これでftfファイルが完成です。

 

 

◆FlashToolでリストアしてみる◆

せっかく作ったファイル、本当に復元できるかを試すことが重要です。いざという時に作ったファイルが使えないなんてことになればここまでの作業が意味なくなりますので。必ず試して下さい。

冒頭書きましたとおり、ユーザデータをwipe(削除)せず復元できます。私は購入後にすぐSEUSし、既に常用環境が完了してます。この状態で自分で作成したftfで復元してみますw

  1. Xperia acro HDの電源OFF
  2. FlashTool起動、稲妻マーク(Flash)クリック、「Flash mode」と「Fastboot mode」を聞かれるので「Flash mode」選択
  3. 【キモ】ftfするファイルを選択、右の「Wipe User Data」のチェックを外し、右側のファイル群全てを選択し「OK」
  4. PCとの接続を促されるので「音量(小)」を押しながらUSBケーブルを接続
    (X10の絵が出ますがキャプチャし忘れw)
  5. 進捗はメイン画面にインジケータが出るので進捗を確認できます。だいたい3分くらいで完了するはず
  6. 「Flashing Finished」と出たら完了、USBケーブルを外してXperia acro HDを起動

これで作業は完了です。

 

冒頭書きましたが、SEUSと全く同一かというとそうではないと思ってます。というのも以前Xperia NXをXperia S化(LT26i)し、再度FlashToolでXperia NXに戻りましたが、SPモードメールが自動受信しませんでした。。Xperia S化した状態でユーザデータwipe(削除)してもやっぱり自動受信できず、結局SEUSし直した経緯があります。

なので、カンペキに元に戻るわけではないんだな、というのが私の認識です。

もしかしたらMiniDcmWapPushHelper.apkとかWAPPushManager.apk を入れてやれば自動受信できるようになるかもですが未検証です。
#rootedで\system\appに入れればいいような気もしますが・・・

WAPPushManager.apk

 

 

5件のコメント


  1. 自分でftfを作成するのが本筋ですが作成し忘れたためSO-03Dのバージョン6.0.A.5.6のFTFファイルを頂くことは可能でしょうか。不躾なお願いですみません。


  2. […] moROMを用意する。 この辺のやり方は、@nao3shogun さんの書かれた、【NX・acro HD】ftfファイルを作る(FlashToolを用いた「OSのみ」初期化も可能) が詳しいです。 FlashToolsをインストールしておく […]