【Z】rootedな4.2.2へアップデート→もう一手間加えて更に快適に

【Z】root化済 Xperia ZのAndroid4.2.2 アップデート方法ではアップデートまでを考察しましたが、CWMを消していたりドコモアプリが復活していたりするのをもう一度復活したり寝かしつけたりする必要があります。

これらをもう一度元に戻すための作業をしてやる必要があります。今回はそれをまとめてみたいと思います。

after-rooted-z07

(こんなナビバーどうですか?)

カスタムを進める前に、USBデバッグがOFFになってるのでONにする必要があります。

ご存知と思いますが、初期状態では開発者オプションが見えません。

設定>端末情報>ビルド番号>7回連打

 

 

システムダンプ(SystemDump)取得

ftfファイルは作れませんが、標準のシステムファイルの中身をバックアップとして取得しておくと便利です。

adb pull /system C:\SO-02E_10.3.1.B.0.256(任意のファイル名)

これでPCのCドライブ直下に\system以下のすべてのファイルが取得できます。今回の10.3.1.B.0.256では1,155,525,377byte(1.15GB)もありました。

after-rooted-z01

今回のアップデートのように標準システムファイルと入れ替えるとき、カスタムに失敗して元のファイルに戻したいとき、などには欠かせないファイルです。ぜひ取得しておいてください。

 

 

CWMインストール

従来のCWM6-cDM_v2.5が使えます。

after-rooted-z02

インストール最後に端末側でSuperSUの許可が必要でした。

CWMへの入り方は従来通りです。青色LEDが点灯したら音量(小)を「カチーッカチーッ」と押すと緑のLEDに変わります。

after-rooted-z03

 

 

 

ドコモアプリの無効化/凍結

このアップデートでいくつかのドコモアプリが復活しています。基本的に無効化していたアプリ群は無効化されたままですが、新たに加わったアプリを無効化し、できないものはそのまま放置しておくのが私のやり方です。(以前から存在していたものもあるかも。。。)

無効化できるアプリ一覧

  • スマートコネクト
  • 端末エラー情報送信
  • com.sonymobile.connectivitycenter
  • Gガイド番組表
  • Google Play ゲーム
  • mora
  • ScreenLockService

無効化できないアプリ→Titanium Backupで凍結可

  • ドコモアカウント *前からあったかも
  • docomo device manager *前からあったかも
  • Docomo Lac → new!

アンインストールできるアプリ

  • ドコモクラウド

 

 

Xposedで導入したアプリ

Xposedの導入方法については【GXほか】今後のカスタムの方向性はこれなのか?|Xposedフレームワーク導入考察にて考察済みです。

※考察当時よりバージョンアップし、日本語化はもとより、対応モジュールをXposedアプリからインストールが可能となりました。

  • XBlast Tools
    ステータスバーやナビバーのカスタム、再起動メニューなどを追加することができる統合アプリです。
    after-rooted-z04 after-rooted-z05 after-rooted-z06

Xposedカスタムはこれ以外にもたくさんモジュールがあります。Xposedモジュールを利用するにあたり気をつけることは、同様の機能を持つモジュールを入れるとSystemUIが再起動を繰り返してしまうため、チェックボックスON/OFFできちんとモジュールを切り替えて使う必要があります。(モジュールの設定変更や入れ替えする場合は必ず再起動すること)

・・・CubeModほど高機能ではないです。あのmodがやっぱりベストです!

 

こんな感じで引き続きカスタムを楽しみましょう!

 

 

16件のコメント


  1. 調べてくださりありがとうございます。
    当分はCWM2.5を使うことにし無事インストールも成功しました。
    お手数おかけいたしました。
    また原因がわかったら報告させていただきたいと思います。


  2. お返事ありがとうございます。
    其の二つのファイルが足りないというのは分かったのですが
    アップデート前の343では確かにインストールできました。
    今回ftfを焼いてからアップデートしたのでシステム改変により
    消失したとは考えにくいのですがこの二つのファイルは
    何らかの操作により消えるものなのですか?


    1. 私はこのリカバリ使ってないのでゴメンナサイ、回避策は分かりません。
      でもそんな私でもGoogleで「XZDualRecovery2.7.22 cannot stat ‘ric’: No such file or directory」と検索したらこんなQ&AがHITしましたよ。
      http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2261606&page=4

      CWM2.5は使えますので、解決策を見いだせるまでの回避策としてご検討されるという選択肢はありませんか?


  3. いつもありがとうございます。
    質問させてもらってもよろしいでしょうか?
    343のftfを焼いてフルワイプした状態から記事を参考にさせていただいて
    無事rootを維持したまま4.2をインストールすることができました。
    しかしそのあとXZDualRecovery2.7.22をインストールしようとしたところ
    システムがread-onlyとなりインストールできませんでした。
    SuperSUはしっかり許可を出してあります。
    エラーメッセージは他に
    cannot stat ‘ric’: No such file or directory
    cannot stat ‘charger’: No such file or directory
    が表示されました。すいませんが何か原因がわかるでしょうか?


    1. ご自分で答え書いてますよw
      cannot stat ‘ric’: No such file or directory
      cannot stat ‘charger’: No such file or directory


  4. 心配ありがとうございます。やった事と結果を申し上げます。
    今回環境を元に戻さないとどうにもならないと判断したので、333から作成していたftfをflashmodeで適用してみました。
    どうにもならないと判断したのは、sonyとxperiaロゴがループした状態になったからです。
    (この時点ではCWMの起動は可能でした。)
    現状は、電源投入はできるのですが、sonyロゴで止まりOSが起動できない状態です。。
    ですので、Flashtoolでftfを焼くのは失敗していると判断しています。


  5. 助言ありがとうございます。
    なるほどと思い、0.9.13.0でflash試みましたが、CWM起動もままなりませんでした。
    ちょっと考えます。。。


    1. Flashtoolでftfを焼くのは成功しましたか?
      成功してればOS上がるはずですけども。
      CWMは初期化すると使えませんよ?


  6. いつも楽しみにしています。
    アップデート自体はブログ通り、順調に進んだのですが、
    調子のってカスタムしていたら、残念ながら文鎮化してしまったようです(涙)
    cubemod入るかなとか思ってたんですが、343バージョンを入れてみたらロゴループでした。。
    リストアできると思っていたのですが、flashtool、SESU等でも回復できませんでした。

    気にいってた端末だけにショックで、これを機にrootやめようと思います。
    やっぱこうなってしまうと怖いですね…


  7. 初歩的な質問ですが良いですか?
    もし、root化してMODなどをインストし、必要のないプリインも消した後
    root化を解除したらどうなるのですか?


    1. そのmodがシステム領域を必要とするものだったとしたらそのmodは機能しなくなると思います。


  8. […] dな4.2.2へアップデート→もう一手間加えて更に快適に xperia-freaks.org/2013/10/17/aft… #apple […]


  9. 何度もすみません。
    その後、見ていると、/mnt/shell/emulated/clockworkmod/の下にbackupフォルダがあってバックアップも取れているようでした。(実際にrestoreはしていないので。)

    CWMのrestoreメニューも、/mnt~のフォルダのものが表示されていて、4.1でbackupした(SDカード下にある)のは表示されませんでした。
    4.2で何か変わったんですね。お騒がせしてすみませんでした。


  10. いつもありがとうございます。
    早速、我がZもrooted 4.2にして弄っていて、ふと、見つけたのですが、4.2化の後、CWM6-cDM_v2.5でbackupしても、いつものbackupフォルダに日時フォルダができていないのです。しかも、内部ストレージの空容量はbackupするたびに減っている様子。
    気になることと言えば、SDカード直下の”0″フォルダを削除したこと。

    ちなみに、backup completeと出ていて正常終了しているっぽいです。また、試しにCWMを上書きインストールしてみたのですが、変わらずでした。
    343に戻してもう一度4.2にしないといけないのだろうかと躊躇しているところです。

    shogun様はじめ皆様のところでは、4.2化のCWMでbackup取れていますでしょうか。やっぱり、私だけなのかな…。