【コラム】新製品発表会の意義が薄れてきた気がする

最近コラムばかりな考察ブログですが。

9月30日に2014-2015冬春モデル 新商品・新サービス発表会が行われ、SO-01GとしてXperia Z3が、SO-02GとしてXperia Z3 Compact(仮)、他モデルが発表されるのに先がけ、KDDIは9月24日にXperia Z3(SOL26)登場のニュースリリースを突如発表しました。

new-model02

これは事前の情報通りなので正直、何の驚きもなかったりしますが、この発表のやり方が他社を出し抜くような、しかも4G LTEスマートフォン一覧に小さな画像だけが掲載され、そのリンク先がニュースリリースだけというとても違和感のある発表となっています。

new-model

これまでは、新製品発表会の模様がテレビのニュースでも取り上げられ、一般の周知されるのがこれまでの世の常でしたが、KDDIの「ドコモには負けるまい!」という強い信念が感じられます。

この一覧には8月29日に発売となった2014年夏モデルのHTC J(HTL23)がまだニューモデルとして掲載されているのに、もう2014年秋モデルとして表記されています。

このまま一般の人の目には触れないまま、発売日を迎えてしまうのでしょうか。9月26日0時の段階では新製品発表会のアナウンスはありません。

このまま10月下旬を迎えてしまうのでしょうか。。。

 

これまでの新製品発表会

ガラケー時代から年2回、毎年5月に春夏モデルが、11月頃に秋冬モデルというパターンで大々的に発表されてきました。

その直前にリーク情報が某巨大掲示板に画像付きでアップされて、発表と合わせてどのモデルを買うか、と吟味していたのが懐かしいですw

また新製品発表会では新しい不要なサービスも発表されました。iアプリやプッシュトークなんかも「おおー!((゚⊿゚)イラネ」と思ってワクワクしたものです。

キャリア独自サービスももう限界で、野菜売ったりと本業外での収益を確保すべく新たな収益の柱を作ろうと模索するように大きく様変わりしようとしています。

 

 

世界で戦うメーカーの発表会は

グローバルでは今も端末製造メーカーの新製品は下記の国際的な家電関連展示会で発表されるのが通常です。(もちろん展示会以外で発表することもあり)

1月 ラスベガス CES:コンシューマー・エレクトロニクス・ショー
2月 バルセロナ MWC:世界モバイル展示会
9月 ベルリン IFA:国際コンシューマ・エレクトロニクス展

これら展示会では各社のフラッグシップモデルを中心に世界に情報を発信しています。Xperia Z3シリーズの発表は記憶に新しいところです。

以前から携帯端末好きな方がこれら展示会には大変注目して一喜一憂してきましたが、昨今はFCC(米 連邦通信委員会)への申請であったり、日本では技適( 総務省による技術基準適合証明)承認で、どのキャリアからどういう周波数の端末が発表されそうだ、という推測に加え、リーク情報から発表前にほぼすべての情報が出揃い、これら展示会のカンファレンスで発表される情報で、リーク情報が正しかったか否かを確認する場となってしまっているのが現状です。

ですので、キャリアはプレスリリースを出す=一般に周知と思っているかもしれませんが、それはギークたちに対して「事前情報どおり発売するのね、ハイ解散!」というレベルの情報でしかなく、一般層に対しては何のアピールもしていないに等しいと思うのです。

iPhone 6 / 6+では通話定額でない従来プランが功を奏し、旧プランを契約できるのにもかかわらず、代理店へのインセンティブが多い新通話定額プランを強力に推すソフトバンクや、通話定額プランしか選べないドコモに対しKDDIは(今のところ)「勝ち組」であるはずなのに、どうしてこのような発表になったのでしょう。

ソフトバンクモバイルは新製品発表会なんて意味ないからやらないよ!と宣言しましたが、これは「弾がないから」という別の理由もあったと思います。(その後、米 スプリント社と共同開発したAQUOS Crystalは発表会やりましたし)

KDDIも現時点で秋モデルとしてXperia Z3含め2機種しか発表していませんので、「弾がない」のかもしれません。

こうなると、ある時期に一斉に各社が行う新製品発表会というものは今後廃れていくのかもしれませんね。

製造メーカーもキャリアから突きつけられる「◯◯月までに発表できるよう開発せよ!」というキャリアのスケジュールに振り回されるようなことがなくなり、よりいいものをじっくり作っていこう!というように結果的に良い製品が世の中に出てくるかもしれません。(ただし日本市場のみで戦うメーカーのみ)

今回、ドコモ版Xperia Z3はXi(クロッシィ)ロゴがパネル前面に付かなくなる、という情報も出てきています。

[追記あり]どうなる?XPERIA Z3のドコモロゴ – すまほん!!
http://smhn.info/201409-xperia-z3-so-01g-docomo-logo

先日、「某製品」には3キャリア版ともキャリアロゴが入っていないとツイートしていた本田雅一氏が、先ほどこの件について再びツイートしていました。あれ?入っていました?そうですか。では変更になったのかも、、あるいは考証決裂か RT @gurugonia: @rokuzouhonda X...

もしそうならば、キャリアに振り回されず結果的にメーカーの主張が通った形になり、キャリアとメーカーの力関係が少しずつ変わりつつあるのかな、とも思いました。(実際は9/30まで分かりませんが)

SIMフリー機の発売も近い将来本当に実現する気もしてきました。頑張れソニモバ!!

またソフトバンクからも出ると言われているXperia Z3、発表会は開催するのでしょうか。それとも発売しない??

話はそれましたが、製品発表会。これからどうなっていくのでしょうね。

年がら年中新しいモデルが出ていると、「常に最新の『スマホ』が欲しい人」にとっては選択肢が減る分、選びづらくなるかもしれませんが、逆にいつ買っても常に新しいモデルが手に入れられるのはユーザにとってもメリットになるのかも。

個人的には昔のように一喜一憂しながらワクワクした気持ちで発表を見たいと思っています。(リーク情報見なきゃいいじゃん!・・・たしかにそれが正論ですw)

 

2014.9.27追記

ターゲットは先進層――KDDIに聞く「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」投入の狙い (1/2) として今回のコラムでKDDIの戦略がギーク向けだと思ったことがやっぱりそうだったという記事がアップされていましたね。

ターゲットは先進層――KDDIに聞く「Xperia Z3」「GALAXY Note Edge」投入の狙い (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1409/26/news171.html

iPhone 6/6 Plusが発売され、それ以外の秋冬モデルの発表でいち早く名乗りを上げたのがKDDIだ。スマホは「Xperia Z3」と「GALAXY Note Edge」、タブレットは「GALAXY Tab S」をラインアップする。これらのモデルを投入する狙いをKDDIに聞いた。

 

またKDDIではXperia Z3以外にも発売する可能性も示唆しているのも興味深いところです。

2件のコメント


  1. ドコモの発表会って実質「Xiのロゴがどこにつくか発表会」なんですよね(笑

    >香味焙煎さん
    そうなんですね。じゃケース使用派はひと安心ですね
    あとは色的に目立たなくなってくれてれば嬉しいんですが…


  2. こんばんわ!

    販売員をしてますが、docomoのZ3はXiロゴは表にはありません!

    その代わり裏の真ん中に陣取っていました!