【XZ Premium】MWC2017最高の栄誉「ベストスマートフォン賞」を受賞!予約も開始されました!!

2月27日からスペインのバルセロナで開催されていたMWC2017においてXperia XZ Premiumが「Best New Smartphone」を受賞しました。これは数ある新製品の中でも主催者が選ぶベストな一台ということです。これは嬉しい話!

ここで改めてXperia XZ Premiumの受賞に至った理由(機能)をまとめておきます。

 

2つの「世界初」

XperiaにはソニーがBRAVIAやαやHandycam、Cyber-shotシリーズで培ってきた技術をふんだんに盛り込んだスマートフォンです。Xperia XZ Premiumにはこの最高、かつ世界初の映像技術が2つ採用されました。

スーパースローモーション対応の Motion Eye カメラ

最大960fpsのスーパースローモーション機能は世界初の機能となります。スローモーション撮影機能、iPhoneでも撮れるじゃん!と言われる人もいると思いますが、XperiaではCMOSセンサーで実現したもので、iPhoneのそれとは違います。

また新規開発されたPredictive Capture(先読み撮影)機能では、被写体の動きを検出すると自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉えます。

これらは、新たに有効画素数約1,900万画素のメインカメラとして搭載した、Motion Eye™ (モーションアイ)カメラシステムにおいて、新開発のメモリー積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS®(エクスモア アールエス) for mobileを採用することで実現しています。

  iPhone Xperia
動画解像度 720p(HD解像度) 1080p(フルHD解像度)
フレームレート 240fps 最大960fps

iPhoneより高精細なスーパースローモーション動画が撮影できることとなります。(実際には「使い勝手」がどれだけいいかによって評価が変わってしまうと思いますが・・・)

 

 

4K HDR(ハイダイナミックレンジ)ディスプレイ

5.5インチの大画面で、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるため明るさと色域の表現が豊かになり、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再現できる世界初のディスプレイです。

この4Kディスプレイ自体はXperia Z5 Premiumでも実装されています。ただ常時4K表示ではなく対応するコンテンツ表示時のみ4Kとなる仕様でした。Xperia XZ Premiumでも残念ながらこの点も変わりなく、カメラやアルバムアプリ、ビデオなどの対応コンテンツのみ4K表示となるようです。

いかに4K HDRディスプレイが素晴らしいかを表した公式動画はこちらになります。

 

これ以外にも、現時点で最高性能のチップセットQualcomm社 Snapdragon 835を搭載、1Gbpsの高速通信にも対応(実際は4G LTEでは不要な速度)していたり、この先進性が評価されたものと思われます。

 

 

すでに予約が始まっているXperia XZ Premium

英国の通販ショップ「Clove」においてXperia XZ Premiumの予約が始まっています。

Buy Sony Xperia XZ Premium

VAT抜きで537.5ポンド(日本円で75,300円程度)。輸入にかかる諸費用等が別途かかります。

思ったより高くない印象ですが、もし日本でキャリアモデルとして発売されるときはまた10万円近くなってしまうのでしょうね。。

 

1件のコメント