【2.2】BB58化とcm6.1.3 v054カンタン導入

相変わらず「自宅では」Xperiaが主体な状態ですw
Xperia acroのリーク画像が出てきていよいよ乗り換え?な人も多いかもしれませんが、Xperiaもまだまだ現役でいるために、2.2の導入は有効な手段だと思います。

そんな中、cm6系の最新版を手軽に導入できるツールがしたらば掲示板にアップされていましたので、これを用いて導入してみたいと思います。


(ちょっとだけウンチク)

◆Xperiaは3種類ある

ご存知のとおりXperiaには欧州版(Global)X10i、北米版X10a、日本版SO-01Bと大きく3つのバージョンがあり、各々「ベースバンド(ファームウェア)」と呼ばれるOSの下で動く基本的な制御を行うソフトウェアが介在しますが、カスタムROMにはそのファーム向けに作られているため、違うファームのカスタムROMを入れると起動しなくなります。(文鎮化) XperiaのカスタムROMが敷居が高いと言われる所以はこういうところにもあると思います。
XperiaにGingerbreadが来る!というのは今回のBB58と言われるファームに対して行われるのは確実のようですが、それ以外のBB52(docomo)に来るかは分かりません。

 

 

◆気軽に導入できるとは!?◆

今回の神様が提供くださったのは、本来は欧州版をベースに作られたcm6.1.3の最新版導入に当たり、docomo版ファーム上で動く(エミュレート)することもできるツールも併せて導入できてしまう版と、欧州ファームでdocomo機能をも導入できる版の2つです。
以下はしたらば掲示板より転載 *ファイル容量のみ追記
<XPERIA 改造スレッド Part 16′ 【XDA】>
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/42652/1301569367/784

 

【このファイルセットでできること】
素のCM6.1.3v054に、POBox4.0+POBoxのTheme16種+SP PUSH+APN最適化+build.prop最適化
+カメラシャッター音無音化+メイリオフォント追加などの処理が一気に適用できます。
インストール直後に、mopera.netに数パケットお漏らししちゃう事故も防げますw

【bb58】でやりたい人はこちら(FlashToolとbb58 firm付)。
CM6.1.3v054_all-in-one.rar (288MB)
MD5: 18db308e0fa0cb42a656cf3fb8a7cf88
http://www.multiupload.com/T9JZCM7YNH

【ドコモfirm bb52】でやりたい人はこちら(toDocomo適用済み)。
CM6.1.3v054_all-in-one(docomo52).rar (140MB)
MD5: af399519feea48812ba50441228aca52
http://www.multiupload.com/VGM1TH7F6P

いずれにせよroot化必須であり、これにより起動しないなどのいかなる不具合が発生しても「自己責任」となりますので、ご留意いただき下記にお進みください。

今回は自分的にBB58にしようと思います。BB52は結局BB58をエミュレートしてるのであれば、素のBB58にしたほうが電池の持ちやサクサク度が高いと判断したためです。
ただし、ベースバンドを変更するとSEUSで初期化できません。FlashtoolでBB52に焼き直す必要がありますのでご注意下さい。
(一旦初期化してから導入することにします。もちろんxRecoveryTitanium Backupでバックアップ取ってから。)

 

 

◆作業手順◆

  1. 上記したらば掲示板のファイルをダウンロード。今回はBB58版(288MB)をDL。
    (docomo版にはFlashtoolが入っていませんので、root取るときは【2.1&2.2】海外ファーム導入方法(とdocomoへの戻り方):Flashtoolを確認頂き、rootした後、手順9.のSDのへのコピーから読み進めてください)
  2.  

  3. rar形式の圧縮ファイルを解凍できるソフトで解凍。(Lhazとか)解凍するとこんな構成に。
  4.  

  5. ReadMe_Shift_JIS.txtもしくはReadMe_UTF-8.txt(中身同じ)に手順書があるのでじっくり読む。(ここで一つでも内容が分からなければ先に進まないほうが吉)
  6.  

  7. SEUS(SonyEricssonUpdateService)でXperiaを初期化、起動後電源OFF
  8.  

  9. FlashtoolでBB58版にする。(【2.1&2.2】海外ファーム導入方法(とdocomoへの戻り方):Flashtoolで考察済み)
    下から4行目に「Flashing finished!」て出たらUSB抜き、電源ボタンで起動。
  10.  

  11. ソニエリメーカーロゴ→丸いソニエリロゴ(2分くらい)
    (1)ポーランド語で言語設定を聞いてくる
    (2)一番上までスクロールして「日本語(日本)」
    (3)右上(Dalej)をタップ
  12.  

  13. 基本設定は「スキップ」で飛ばす。
  14.  

  15. 端末情報(「田」→設定→端末情報)を確認。ベースバンドバージョンが2.1.58になっているはずです。
  16.  

  17. SDカードに以下の必要ファイルをコピーする。(コピーする場所は任意の場所でOK)
    ・CM6.1.3v054+Extras.zip
    ・NewMarket.zip
  18.  

  19. 【USBデバッグ有効】「田」→設定→アプリケーション→開発→USBデバッグにチェックを入れる
  20.  

  21. 【root化】Flashtoolのrootボタンでroot化→勝手に再起動します
  22.  

  23. 【xRecovery環境構築】端末再起動
    (1)ホーム画面が表示された状態(ロック画面ではなく)でFlashtoolの「Ask Root Perms」をクリック
    (2)Xperia側にSuperuserリクエスト画面が出るので許可

    (3)Flashtoolの「xRecovery」ボタンをクリックしインストール。最後に「xRecovery successfully installed」と出たら成功
    (4)Xperiaの電源OFF→ONする
    <<xRecoveryが起動するか確認>>
    (5)ソニエリ文字ロゴ出たら音量「小」をカチーッ、カチーッと何回か押すとxRecoveryが起動する。
  24.  

  25. 【ゴミファイルなどを消す】*(操作は音量「大」「小」で上下の移動、「□」で決定)
    (1)FactoryReset(FullWipe)実行
    (2)Wipe Cache Partition
    (3)Partition tools→Format Cache(終わったら「←」で戻る)
    (4)Advanced option→Wipe Dalvik Cache
  26.  

  27. 【cm6.1.3インストール】
    (1)Install custom zip→Choose custom zip from sdcard→SDに保存した場所→「CM6.1.3v054+Extras.zip」を選択し実行
  28.  

  29. Install from sdcard complete.と出たら「←」、Reboot phoneで再起動(ソニエリ文字ロゴが1~2分)、途中勝手に再起動する(かも)
  30.  

  31. arcなホームが表れます。始めから「H」が出てSPモードでアクセスしてます。また設定見てみるとちゃんとcm6.1.3v054になってます。このツールの売りの一つであるPOBox4.0(キセカエキーボード)は「言語とキーボード」→POBox Touch設定→キセカエキーボード選択より全16種類を選べます。まだ設定途中なので次に行きます。
  32.  

  33. 【マーケットアプリ刷新事前準備】
    このままだとマーケットアプリが古いままなので差し替えをするのですが、一旦この状態でマーケットを起動する必要があるようです。(Googleアカウント設定が必要です)
    ・「田」→設定→アカウントと同期→アカウントと追加→Google→ダイアログに従って入力
    ・文字入力はデフォルトはAndroidキーボードなので、ここで文字入力フィールド長押しでPOBoxを選択しとく
    ・アプリ一覧よりマーケットを起動、懐かしいマーケット画面を確認したら一旦終了。
  34.  

  35. 【CyanogenMod設定】
    ステータスバーを引き下げるとこの時点で便利なボタンが表示されてます。もう少し見やすくするために以下の設定をします
    「田」→設定→CyanogenMod設定→ユーザインタフェース→追加機能→テーマを選択→CM6.1.3-V4
    再起動促されますので電源長押しし、新しく追加された「再起動ボタン」→再起動→OKをタップ
  36.  

  37. 【マーケットアプリ更新】
    この再起動するときにxRecovery起動し、マーケットアプリを更新。
    (1)ソニエリ文字ロゴで音量「小」を数回長押し
    (2)Install custom zip→Choose custom zip from sdcard→SDに保存した場所→「NewMarket.zip」を選択し実行。

    (3)終わったらReboot phoneで再起動。正常起動するとこのような画面に。時計の文字色、ステータスバー下ろしたときのキャリア名が白くなってます。(あとで変更も可)
  38.  

  39. 【SPモードメールのプッシュ配信確認】
    もう一つの目玉でもあるSP pushも試してみましょう。とその前にSPモードメールをマーケットから落とします。build.propも書き換えてくれているので普通に検索すればヒットしますので普通にインストール。完了後、PCやXperiaのGmailからSPモードアドレス目がけてメールを送信すると、、、ちゃんと届きました!!(当たり前ですが通常の受信動作をします)

    もちろんdocomo絵文字も使えます!
  40.  

  41. その他、カメラ、動画の状態は?

    カメラ(右)はズームできませんがちゃんと使えます。動画(左)もワイド画面で撮影可能です。
    ただし、QRコードスキャナだけはマーケットから落としたのが動かないので、こちらのサイト(Shelpy.NET)さんの「XperiaX10カスタムROM用 QRコードスキャナー3.53」を入れると幸せになれます。

 

ということで、カスタムROMに躊躇されている方も多いと思いますが、一通りの機能はありますし、いろんなパッチを当てたりしながら導入することもなく、非常に簡素化されていますので、是非試してみてください!(したらば掲示板に降臨された神様のおかげです)

 

ちなみに、以前UOT KICHENで作ったテーマを適用してあっという間に自分好みのテーマに変更しました♪
(ホームとか壁紙はこれから再構築ですが、、、参考までにこれをxRecoveryで当てます)

 

※4/9追記:とりあえずベンチマーク取ってみました。第1位!

 

17件のコメント


  1. to gaijin様

    Thanks! very,very,Thanks!

    上手くいきまし♪
    ありがとうございます!


  2. ネタの主です。コメントをBlogで掲載下さり、ありがとうございます。
    図解の説明がすっごくわかりやすいですね!読みいってしまいました。

    お時間ありましたら、v061のもうpったので試して頂けたらと思います。


  3. […] CM6.1.3(V0.6.1):Baseband54/55/58導入考察はこちら(V054ですが) […]


  4. ショーグン様

    いつも拝見させて頂いております。
    BB54でv054だったのですが、ちょくちょく勝手にリブートをするようになったので、
    再インストールついでにBB58にあげようと思ったのですが、
    何度やっても、BBがunknownになっていまいます。

    いろいろ調べてみたのですが、イマイチ原因が掴めず、コメントさせて頂きました。
    既出でしたら申し訳ございません。
    なにかアドバイス頂けますでしょうか。

    よろしくお願いします。


  5. ショーグン殿
    言われたとおりでできました!
    質問ですが、ライブ動画が設定できなくなったのは何ででしょう?デフォルトも少なくなってますし、
    こればかりはしょうがないですか??


  6. @seiji さん>
    CM系安定してますよね。一度もお勝手リブートしてないです。
    MIUIは先ほど考察終えました。今は1.0.3になってますし、簡単導入ができるようにもなっています。
    よかったら試してみてくださいね!


  7. @キウイマン さん
    UOT Kichenの考察のコメントにヒントがありますよ。
    1.Partation toolsのMount/systemを実行後
    2.Install custom zipにてインストールを行う
    で成功するはずです。頑張ってください!
    (ってもう遅いですよね^^; )


  8. @KENSIROH さん>
    一度でもカスタムROM入れたことのある方は「分かってるよぉ」という部分も多いと思います。^^;
    #arcに行った人がroot取って導入する人も多いかなぁと思っていつもより丁寧に考察してみましたw


  9. ショーグン 殿

    CMは安定していますね。
    私も今はこのROMを常用していましたが、XDAにTripNMiUI FINAL 1.0.3なるROMがありましたので
    導入してみました。
    始めは良かったのですが、マーケットからアプリをインストールしている最中にほぼ100%の確率で
    電源が落ちてしまった為CMに戻しました。
    ベースバンドを52のままで導入したのがいけなかったのか・・・

    お時間があるときにでも考察して頂ければ幸いです。


  10. shogunどの
    私も早速入れてみましたが、UOT-03-26-09-27-1.zipをxrecoveryで当てましたが、何も変わりませんでした。
    Shogun殿のテーマを使ってみたいと思ったのですが、どうやればいいのでしょうか。
    また考察の通りしたのですが、ライブ壁紙は全く機能しません。どうしてでしょう??


  11. 参考にさせていただき導入出来ました
    途中の手順、多少ハショリましたが調子よく動いてます
    ベースは52のままです
    054が、調子悪くなってきたので丁度良かったです(落ちやすくなってきてました)
    電池の持ちもよくなりました(*^^*)


  12. >>ポイポポイさん
    ありがとうございます。
    もし他にもあるのかなと思いましてご質問させていただきました。
    バッテリーの持ちの件はいいなぁと思ってまして、
    これからBB58にして、自分で調べてみようかなと思ってます。


  13. こちらの記事大変参考になりました!
    arcだけでなくXPERIAのカスタム記事も引き続き、しかもこれだけ具体的に書いていただけて非常にうれしく思います:)
    サブとなったペリアをこれからますますいじり倒していただけることを期待しています!w

    >>Ryujiさん
    >今回は自分的にBB58にしようと思います。BB52は結局BB58をエミュレートしてるのであれば、素のBB58にしたほうが電池の持ちやサクサク度が高いと判断したためです。
    >ただし、ベースバンドを変更するとSEUSで初期化できません。FlashtoolでBB52に焼き直す必要がありますのでご注意下さい。
    >(一旦初期化してから導入することにします。もちろんxRecoveryとTitanium Backupでバックアップ取ってから。)

    今回の記事でショーグンさんが理由を書いてくれていますよ。
    BB52、いわゆるドコモファームでこれを導入するとバッテリー持ちは劣るなど言われてますね。


  14. 早速のご返答ありがとうございます。
    なるほど、BB52はBB58に変換をしている可能性があるわけですね。
    導入直後での質問、失礼いたしました。
    今後もお世話になります!


  15. @Ryuji さん>
    コメントありがとうございます!
    BB58のメリット、、、難しいです、というか分かりませんw

    今回はcm6.1.3がBB58ベースで作られているようで、別のファーム(BB52とか)でも動くようにするために
    何らかの変換(簡単にいえば「翻訳」)をかましてるのではないか?と推察しました。
    翻訳する(=何らかの処理が加わる)ことで処理能力、電池の持ちに影響があるのかな?と思った次第です。

    まだ導入した直後なので違いは分かりません。気づいた点などありましたらこちらでご報告させていただきます。


  16. いつもROMで拝見させて頂いており、カスタムを弄る際に大変参考にさせて頂いております。
    今回の考察で1点ご質問させて頂きたいことがあります。
    BBを58にされたとのことですが、BB58のメリットとデメリットって何かあるのでしょうか。
    もしよろしければBB52とBB58の大きな違いをご教示頂けましたら幸いです。