【Xperia P・U】ABC2012 Springでの1stインプレッション

本日ABC(Android bazaar Conference)2012 Spring会場にてXperia P・Uが国内初(?)展示されてると聞き、居ても立ってもいられず東大本郷校舎にて初対面してきました。

Xperia NXTシリーズ3兄弟

 

 

◆Xperia P・Xperia Uとは◆

2012年Xperiaシリーズの中核をなすNXTシリーズと呼ばれる海外専用端末です。(スペック等はこちらで考察)

残念ながら日本での発売は予定されてません。(Xperia UはもしかしたらXperia Rayの後継になる!?)

製品名 Xperia P(LT22i)

Xperia S(LT26i)

(Xperia NX)

Xperia U(ST25i)
サイズ 122.0 x 59.5 x 10.5 128.0 x 64.0 x 10.6 112.0 x 54.0 x 12.0
画面サイズ 4.0inch 4.3inch 3.5inch
解像度 960 x 540 1280 x 720 854 x 480
電池容量 1320mAh 1750mAh 1290mAh
CPU ST-Ericsson 1GHz
(デュアルコア)
Qualcomm 1.5GHz
(デュアルコア)
ST-Ericsson 1GHz
(デュアルコア)
カメラ 8.0M 12.1M 5.0M
気になる特徴 ・WhiteMagic
 (RGBW方式)
・リアカバーがアルミ素材
・NFC
・NFC
(SO-02Dは未搭載)

バッテリ交換可
(BA600)

 

 

 

◆実機見学◆

Bazaar会場にソニーモバイルのブースがあって、ドコモ現行機(Xperia NX・acro HD)の展示をしている脇でひっそりとXperia PとXperia Uが展示されていて、決して展示の主役ではないところが逆に良かったです。でもきっとTwitterで情報を聞きつけたファンが大勢押し寄せてました。(自分もその一人w)

<Xperia P>

アルミボディをまとった端末で、画面サイズは4.0インチ(960×540:qHD)で、White Magicという消費電力を絞りながらも非常に明るい液晶であるという触れ込みです。

アルミの質感を表現しきれてなくて^^;

気温が低めだったこともあって、手に持ったとき「冷たっ」という感触と、ずっしりとした感じが第一印象でした。またXperia Pのバイブレータの振動、今までのようなプラスチック成形の振動の仕方と違って、鋭く振動する感じがしました。

White Magicの効果はこの時点では分からない。。でも右の画像でXperia Pだけ異様に明るいのが見てお分かり頂けるでしょうか。

同じ画面サイズのSO-01Bと並べてみました。横幅狭く、長さはほぼ同じ(だと思います)

横幅はスリムですのでより持ちやすいです。ステータスバーもXperia NX・acro HDでは持ちかえる必要がありますがXperia Pはその必要もなし。

OSはAndroid2.3.7、ビルド番号は6.0.B.0.635でした。(開発版だそうです) 当然ですがテザリング項目、NFCも使えます。

本体左側面にSIMスロットとHDMI、USB端子があります。acro HDのようなカバーはありません。そう、Xperia Pもリアパネルの脱着はできません。(当然SDカードも無し) 右側面には上からスピーカー、電源ボタン、ボリュームボタン、シャッターボタンの順に並んでます。

動作に関しては、開発機だったからか動作はガクガクでホーム・menuキーなどの反応の悪さと相まって、とても評価するレベルじゃないと思い割愛します。

 

 

<Xperia U>

Xperia Pよりも更に小さい3.7インチ液晶(WVGA)の端末。現行のXperia neo系と液晶は同サイズです。

このサイズ違和感なく手にすっぽりと収まります。Xperia rayはちょっと小さすぎると思ってる方にはベストサイズかも。

一番の特徴はFloating Prismがいろんな色に光ること。menu>設定>画面設定>テーマの設定色と同期されます。

参考までに↓はXperia PのFloating Prismです。NXと同じでした。

ギャラリーで画像を見るときも、表示された写真の色味に合わせてFloating Prismの色が変化します。(ピンボケ失礼)

すっかり確認忘れてしまいましたが、Floating Prismの下の部分は取り外せます。購入時に黄色とピンク(?)が同梱されてるみたいです。

いろいろ忘れてしまい、左側面の画像はありません、右側面は電源ボタン、音量ボタン、シャッターボタンの順に並んでます。

SIMスロットのこととかSD対応状況、電池パックなど完全に見落としました。。。

Xperia Uのビルド番号は6.0.B.1.517(開発版) 撮影し忘れましたがNFC未対応です。

So-01Bと並べてみました。縦横共に小さいです。rayと並べたかったところですが既に手元に無く・・・

両方持ち比べてみました。Xperia Uの小ささ、お分かりいただけますでしょうか。でも実は厚みがあります。ちょっと野暮ったい感じ?

開発版だったので、Xperia PにはPOBoxが未搭載、でもXperia UにはPOBoxがありました。

 

 

 

◆説明員の方に突撃インタビュー◆

※今回は国内営業担当の方たちが出展されていて、実際に開発に携わった方ではないそうです。ブロガーイベントにも説明員として列席されていた方とお話させて頂きました。

  1. 今回Xperia P・Uの展示は国内初ですよね?なぜこの2機種を持参されたのですか?Xperia solaもぜひ見たかった。。
    ⇒今回初展示となります。たまたま国内にあった2機種を持参しました。
  2. Xperia P・Xperia Uどちらかでもいいので国内投入の予定はないのか?
    ⇒今のところ予定はない。
  3. Xperia Pのサイズがベストであるという声は非常に多くなってると思います。
    ⇒Xperia NXTシリーズの商品計画は以前より進められていて、当時、ワールドワイドで見ても大画面化する動きがあり、今のラインナップになっている。がしかし、大きすぎるという声もようやく開発側に伝わりつつあって、これからも是非期待頂きたい。
  4. Xperia Uは大画面化の動きに準じてXperia rayの後継になりそうですね。
    ⇒(首かしげながら苦笑いw)
  5. 2012年モデルの販売ロードマップにあるHayabusaは国内投入のウワサがありますが、Mintについてまだ何のウワサも聞こえてこないですね。
    ⇒・・・ノーコメントw (でも「何でコイツ知ってるんだ?」という表情が読み取れました)
    でも秋以降、Xperiaには今以上の期待をしてくださって構いません!、とのこと。
  6. その秋以降というのはどうして?
    ⇒SONYとして再出発し社長もこの事業を大きくしたいという思いが強い。
    (更に・・・言いづらそうに「察して下さい」という表情が読み取れましたw)
  7. Xperia NXにNFCモジュール非搭載ですね。製造コストを考えると2つの生産ラインを設ける必要があって、製造コストも上がるため、NFC非搭載はメーカーとしての決定ではなくキャリア側の判断と思っています。
    ⇒確かに言われるとおりコストの面を考えればそうですが、日本におけるNFC普及度合を考えて今は投入すべきでないと開発時点でのキャリアとの打ち合わせで決定されたものです。(キャリアの意向は無視できないんだよぉ。。。というように聞こえてしまい・・・)
  8. POBoxがXperia Pには搭載されてないですね。
    ⇒開発中のものであり、どうしても見た目を重視するようになっていて機能的なものは後回しになってしまう。。
  9. Xperia arcのICS版に珍しいPOBoxが搭載されてましたね。(POBox touch 4.4)
    ⇒開発SDKの関係でそうなってるかもしれない、、詳細はわからない。。
  10. SONYタブレットとXperiaの融合はあるのでしょうか。
    ⇒タブレット端末のアプローチには2通りあり、携帯端末を由来とするタイプ、PCを由来とするタイプがあり、Sony Tablet P/Sはvaioを由来としているため、例えば日本語入力でもPOBoxが搭載されなかった。
    4月にICS化することで、開発環境がXperiaと同じプラットフォームになるので、今後は更に融合が進むと考えている。
    (かといってICS化するときにPOBoxが搭載されるわけではなくたぶん次期SONYタブレットでの話だと思います)

突っ込んだ不躾な質問をして大変申し訳なかったです。。でもひとつひとつ丁寧にお話下さいました皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

◆まとめ◆

お話伺ってる隣でも「Xperia Pこれいいですよね、ぜひ国内で販売して下さい!」というお話を何人かの方がされていました。また現行arc、acroなどにICS乗るんでしょうか?という質問も多数寄せられてましたが、全てはぐらかされてましたw

1つ気になったのが、「ソフトバンク」というキーワードが出てきたこと。どの質問で出たのか失念しましたが、今までソフトバンクからXperiaは発売されてないのに名前が出るということ、秋以降に期待して、はもしかして・・・と勘ぐってしまうのはXperia PとXperia Uに舞い上がってた私の空耳アワだったーかもです。

個人的にはアルミ素材の端末は従来の質感と全く異なり、高級感漂う感じに惚れました。

もともとXperia Pが(・∀・)イイ!!と思ってましたが、今回ほんの30分ほどのタッチ&トライで「欲しいなぁ」が「絶対買う!」という気持ちになりました。

今回は初のABCへの参加でした。

昼前に突発的に参加を決め、タッチ&トライをするためにタッチ&ゴーする程度の時間しかなく、Xperia以外の展示を何も見られなかったのが残念でなりません。次回はもう少しまじめに見学したいと思います。

(アテンド下さいましたXperia非公式マニュアルの中の人、お忙しい中ありがとうございました!)

 

 

1件のコメント


  1. 私もPを買うっ!!に近づいてます。

    それにしてもなぜたまたま国内にあるものを持って来るのかな?

    反応次第ではPも発売する気なのでしょうかと勘ぐってしまいます。