【Z4】発熱と電池減りとモッサリ感は今後のアップデートに期待したい・・・

※2015/6/20追記※

本考察で書きました内容は一部私が購入したSOV31「個体」の不具合も含まれています。こちらに改めてエントリーしましたが、初期不良交換後は発熱はするもののモッサリ感とバッテリーの急速な減りは、ほぼ解消しましたこと、改めてご報告させて頂きます。

【Z4】<お詫び訂正考察>SOV31が調子悪いので初期不良交換したら(ある程度)改善した

 

この考察書くのはとても忍びない気持ちでいっぱいですが、Xperia Z4について正直な感想を纏めてみたいと思います。中の人ゴメンナサイ。。。

もしかしたら自身で購入したau版Xperia Z4(SOV31)個体の問題かもしれないとも思っていますが、Xperiaアンバサダーでお借りしたドコモ版Xperia Z4(SO-03G)でもやはり電池の持ちはあまり良くない模様・・・

この2台を使って検証してみた結果をまとめてみます。

 

 

発売前から騒がれていた「発熱」問題

どうせ大したことないだろう、と思っていましたが、ん??それなりに熱いぞ???と。

Twitterのタイムライン見てたまにツイートして、メール来たらステータスバー下ろしてメール見て、返信して履歴キーからTwitterに戻ってリンクをChromeで見て、、、なんてやっているうちにだんだん背面のFeliCaロゴの右2cmくらいのところがほんのりと熱くなってます。左手持ち左手使いだとちょうど人差し指の先が熱源に触れてる感じになります。

この状態でカメラを起動し2枚くらい撮ると画面に「本体の温度が上昇、このまま熱くなると自動で終了するよ」旨のメッセージが表示されてしまいます。

z4-update-expectation01

これら一連の動きを「移動中に」行うと発現しやすく、一つの場所に留まっているとそんなに酷くない。。。要はバックグランド通信やCPUに負荷のかかる動作をさせるとあっという間に発熱する感じでしょうか。

 

ちなみに先週まで使っていたXperia Z3(SOL26)と全く同一のアプリ、環境で使用していて起きている現象です。

 

Xperia Z3までは、こんなことはなかった(はず)

Xperia Z4にはクアルコム社のSnapdragon 810という最新のスペック(オクタコア:8コア)のCPUを搭載しています。これまでのXperiaには4コア(クアッドコア)だったり2コア(デュアルコア)といったCPUが使われていて、性能的には大幅に処理能力は向上しているものの、熱処理がうまく行っていないがために、どうしても高温になってしまうようです。

もちろんこれまでのCPUも発熱していますし、実際にXperia Z3でも熱さを感じることもあります。特に私のSOL26は調子が悪く発熱を繰り返し起こし電池持ちも悪い状況でしたが、これよりもさらに熱く感じるのと、その頻度が多い気がするのです。

下記図はBatteryMixのグラフ、左はSOV31、右はSO-03Gです。移動を繰り返さず自宅にいた時のものです。(SNS書き込みは別の端末で行ったので両端末共に利用頻度は少ないはず)

z4-update-expectation05

黄色いグラフは温度(値は右軸の℃)を、薄い棒グラフはCPU稼働状況(値は左軸の%)で表しています。充電中に40度を超えるのは仕方ないにせよ、CPUの稼働率が上がると(当然ですが)発熱もしているのが読み取れます。

SOV31は14:00くらいにCPU稼働率が100%を超えてる(バグ?)直後にグッと発熱してるのが分かります。 ※もちろん稼働率up→高温度は正しい動作ですがその40℃を超える高温が問題視されています。

CPU製造メーカーであるクアルコム社及びスマートフォン製造メーカーはこの高音問題改善に向けた取り組みをしているそうなので、それが適用されるのを待ってみたいと思います。(日本のソニーモバイル公式見解ではない点に注意)

 

 

電池の持ちが良くないです、特にSOV31は。。。

発熱に伴って電池がどんどん減っていく・・・このペースでは一日持たない。。。のが正直な感想です。

SOV31の場合はそれだけが問題では無さそうです。。。

 

電池持ちの悪さはこれが犯人?か??

設定>電源管理>電池使用量のグラフです。このグラフは上記BatteryMixで計測した期間と同じタイミングのもの。「セルスタンバイ」が電池使用量の常にナンバーワンなのです。

→ 初期不良交換後、セルスタンバイ問題はかなり落ち着きました。

z4-update-expectation06

 

セルスタンバイとは

マイナビの「いまさら聞けないAndroidのなぜ」にこんな記事があります。

携帯電話回線(3G/4G)になんらかの問題を抱えている可能性があります。

セルスタンバイは、携帯電話回線に接続していない状態を指します。システムは携帯電話回線に接続しようと基地局を繰り返し検索しますから、3G/4Gの電波が届かない場所に長時間いると、セルスタンバイのバッテリー消費量は増えます。 – (出典:「セルスタンバイ」がバッテリーをムダ使いしているようです!? – いまさら聞けないAndroidのなぜ

 

このグラフは今この考察を書いている時点のもの。セルスタンバイが56%と醜すぎる・・・

z4-update-expectation07

中央の図を見ると圏外時間が0%なので通信が途切れているわけではなく、右の図の「モバイルネットワークの電波」が強い時と弱い時があるのが分かります。しかしアンテナピクトは常に4本アンテナが立っているのですが電「波」なので「ゆらぎ」があるのをモロに影響を受けているのでしょうか。。。

 

SOV31がこれまでのXperiaと違うところ

ご承知の通り、au版Xperia Z4は「VoLTE」対応しLTE電波しか使いません。従来の3G(CDMA2000)の電波は一切掴みません。これがモロに影響している気がしてきました。。。

私見ですが、au Xperia Z4はSnapdragon810の発熱問題とは別の次元で問題を抱えてしまっているのかもしれません。

もしそうだとすると、auのLTE網は100%全国を網羅しているわけではないですし、VoLTE機にシフトしていくのはちょっと厳しい気がします。早期に安定したLTE基地局を整備して頂きたいところです。

 

 

久しぶりのモッサリ感

こちらはSO-03Gでも起きていることですが、アプリの動作がワンテンポ遅れることがあります。Xperia Z3が非常に快適な動作をするものですから、Xperia Z4の動作の緩慢さが気になります。

アプリ一覧からアプリをタップして起動するとき、カメラを起動する時、スリープから復帰する時、なんか突っかかった感じがしたあとに動き出す感じがします。

→ 初期不良交換後、モッサリ問題はほぼ解消しました。

 

考えられる可能性は・・・

いくつかこうなる原因があるんじゃないか?と思ったことを列記してみました。

  • OSがAndroid 5.0になったから?
    → Xperia Z3 Compact(D5833)をAndroid5.0にアップデートしてもこのような現象は発生していません。なのでOSの問題ではない気がします。
    .
  • STAMINAモードで動作を制限したから?
    → 動作を制限しているアプリを使おうとすると起こる現象かな?と思いましたが、上記の通りD5833では一切引っかからないのでやっぱりSTAMINAモードが問題ではない気がします。
    .
  • Snapdragon 810だから?
    → 発熱問題と関連する可能性は否定できない??うまく処理を分散させ切れていない?この処理は誰がやる?OS?ソニモバ?? Snapdragon 810搭載機は各方面をざわつかわせている??

素人にはこれ以上の推測ができません。。。スミマセン。。

なお、カメラのシャッターボタンを押してからシャッターが切れるまでにワンテンポ遅れる現象は、既に対策版が完成していて、キャリア側でタイミングを見計らってアップデートされる見込みとのことです。(Xperiaアンバサダーイベントで開発者の方にお伺いしました)

 

 

正直、完成度はZ3のほうが上だと思いました。

本当に申し訳ない結果となっていますが、ウソつきたくないので正直に思ったことを書かせていただきました。

Xperia Z4は発熱問題、電池持ちの悪さ(特にSOV31)、動作のモッサリ感と「日々使用するには不安でならない」という『携帯電話の根幹に関わる部分』への不満が発売日から3日目にして渦巻いてしまっています。Z1以降のXperiaでメイン機の「温存」をこんなに意識するとは思っていませんでした。

電話が受けられなくなるのはマズい、LINEも使えるようにしておきたい等々を考えると、MVNOの契約SIMを挿した別の端末をメインで使うことになる。。。これは本末転倒です。

デザインや機能に関する不満はない=ソニーモバイルが一人悪者ではないだけに、非常に残念。。(もちろんCPUを選択した責任はありますし、VoLTEでCDMA2000に対応しないauを説き伏せられなかった責任(?)もあるかも)

 

買ってすぐ快適さを体感し、その後半年以上使い込んでも何の不具合・不満もなかったXperia Z3だっただけに本当に残念でなりません。考察ブログはたくさんの方に日々見て頂いているのは重々承知しておりますが、「Xperia Z4は人にオススメできるか?」と言われれば、残念ながら「NO」です。すみません。。。

 

夏以降に発熱問題対策版が本当にアップデートされ、auのLTEアンテナ数が爆発的に増加し、安定した電「波」を供給できるようになるのが確認できたら本当にオススメできる製品になると思っています。

 

今回の検証結果、私のインストールアプリが悪いのかもしれません。私の手元にあるSOV31個体の問題かもしれません。ですので一概に「NO」と言ってはいけないかもしれませんが、初期化して環境を再度作り直しても結果は同じでしたこと、申し添えます。

→ 初期不良交換後、セルスタンバイ問題・モッサリ問題はかなり落ち着きました。

 

 

6件のコメント


  1. […] […]


  2. […] […]


  3. VoLTEによる(?)セルスタンバイ問題は機種全体の問題でなくその端末固有のものである可能性が高いと思います。


  4. アンバサダーでSOV31をお借りしていますが、地下鉄など、電波の安定していないところで使用していても、セルスタンバイが1位になることはありません。むしろ常に下位です。個人所有物であれば、auショップで相談されてみてはいかがでしょうか?


  5. 初コメ失礼します。
    私の場合、クラシックカーイベントでカメラを構えて数回撮っていたのですが熱で途中でカメラが終了してしまい、更には動画は長時間も撮れませんでした。
    ブラウジング速度もz3のキビキビさと違ってz4はワンテンポ遅れて動くみたいな感じです。
    システム的な問題ならアップデートで改善されると思いますがz4の構造上だったら…と思うと不安になります。