【Z3 Compact】小さいは正義!このサイズ感はやっぱりいいと思った3つのコト

Xperia Z3 Compact。これ、今年上半期のナンバーワンかもしれないな、という予感がしてます。^^

発売は2014年11月ですが、1月26日~2月1日までの携帯販売ランキングでも2位まで上昇しました。これはドコモXperia Z3 Compact祭りが終わっている段階です。(細々とMNP0円やってるショップも有りましたけど)

「Xperia Z3 Compact」が再び上昇し2位、次週の奪首はあるか (1/4)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1502/06/news124.html

総合ランキングはまたもトップ10内での順位変動のみ。1位はソフトバンク「iPhone 6(64GB)」が守るも、ここのところ落ち気味だった「Xperia Z3 Compact SO-02G」が急上昇で2位に。

そしてまた0円キャンペーンが始まっていますし、当面は販売ランキングの上位にいられるような感じです。

 


世の中にXperiaが増えることは大歓迎です!\(^o^)/

 

コンパクトモデルはXperia Z1 f以来ですが、「小さいは正義!」ということを再認識しましたので改めてXperia Z3 Compactの良いところを考察してみることにしました。

 

 

出張して改めて分かった電池持ちの良さ

久しぶりに3泊4日の出張があり、以下の4台のXperiaに加え(念のため)予備機を持ちだしてました(アホの極みです)

 

  1. Xperia Z3(SOL26)・・・メイン:LINEと電話待ち受け用
    .
  2. Xperia Z3 Compact(D5833)・・・データ通信用(SIMはドコモ(mopera))
    .
  3. Xperia Z Ultra(SOL24)・・・テザリング用(SIMはmineo)
    .
  4. Xperia Z3 Tablet Compact(SGP612)・・・(SOL24を親機にして)読書、新聞等
    .
  5. Xperia ZL2(SOL25)・・・予備機

 

新幹線移動するときは基地局とのバックグラウンド通信の頻度が非常に高くなるため電池消費は事務所での作業時に比べて段違いに減っていきます。SOL26は東京⇒新大阪までの間に何もしてないにもかかわらず89%スタートで71%まで減りましたが、D5833は同じような環境でも96%⇒90%と非常に良好でした。(スクリーンショットを撮り忘れました)

 

これだけ持ってくれれば非常に安心できますよね。メイン機に昇格させたい!!と切に思いました。こちらの記事はXperia Z1 fの電池持ちの良さについてソニーモバイルのソフト開発者へのインタビュー記事ですが、Xperia Z3 Compactにもきっとこの機構が採用されているんだな、と思っています。

「Xperia Z1 f」のバッテリーはなぜ長持ちなのか?――Z1 fだけに加えた3つの工夫
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1402/10/news099.html

「Xperia Z1 f SO-02F」は「Xperia Z1 SO-01F」よりも小型のバッテリーを搭載しているにもかかわらず、実使用時間はXperia Z1よりも長い。なぜか? 開発者インタビューの後編では、バッテリー持ちの秘密に迫る。

とにかく電池持ちがいい!!のがXperiaのコンパクトシリーズの大きな特徴だと思います。

 

 

パッと出してサッと撮れる

街中でちょっと気になるモノがあったらスナップ写真を撮ってしまう人なのですが、そんなときもポケットからパッと出してスッと撮れるところが非常に良いです。

z3c-best-size01
(こちらは富山⇒大阪移動中の特急車内から撮りました。山肌が山頂から麓にかけて白~緑なところを撮りたくて・・)

ズボンのポケットに入れていても気にならないほどのサイズ感ですし、そのカメラ性能はフラッグシップ機であるXperia Z3と全く同じです。有効画素数2070万画素、撮影モードをプレミアムオートにしておけば、少々暗いところでもちゃんと撮りたいモノがちゃんと写っていますし、ロック画面からもカメラを起動できるのでシャッターチャンスを逃さず撮れます。この「記録する」という意味でのスナップ写真ではこの機動性の高さと、ほとんど失敗することのない各種の補正技術が合わさることで、絶対的な安心感がとても良いです。

もちろん、ちょっと凝ったスナップ写真を撮りたいと思っても、17種類のモードを駆使して印象的な写真を撮ることもできるのです。

カメラ機能に関してはソニーモバイル公式サイトに詳しく解説されています。

Xperia™ Z3 Compact SO-02G | CAMERA APPLICATIONS | ソニーモバイルコミュニケーションズ
http://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-02g/function/camera_app.html

ソニーモバイルコミュニケーションズの携帯電話「Xperia(TM) Z3 Compact SO-02G」の製品情報。「Camera Applications」についてご紹介。

 

 

なんといってもサイズ感

縦127mm、横幅65mm、厚みは8.6mmで重さが129g。

横幅65mmは初代ドコモXPERIA(SO-01B)の63mmと比べて2mmプラスですが、画面サイズはXPERIAの4.0インチに対し4.6インチにまで大型化しています。

z3c-best-size05

よく「初代が一番持ちやすかったなぁ」という声も聞かれますが、ほとんど持ちやすさの点では同じ。むしろ厚みは13.1mmから8.6mmと薄くなっていますので持ちやすさではXperia Z3 Compactのほうが良いのかも。

 

ちなみにiPhone系ともサイズ比較してみます。

Xperia Z3
Compact
iPhone 5s iPhone 6
127.0mm 123.8mm 138.1mm
65.0mm 58.6mm 67.0mm
厚さ 8.6mm 7.6mm 6.9mm
重量 129g 112g 129g
画面サイズ 4.6インチ 4.0インチ 4.7インチ

iPhone 6は大きすぎるから乗り換えない!という方もいるらしいという話も聞きますが、このように比較してみるとXperia Z3 CompactはiPhone 5sとiPhone 6とのちょうど中間になります。iPhone 6にいかずXperia Z3 Compactに流れてきた人がいるのはこういうところからも来ているのかもしれません。。

 

私ごとで恐縮ですが、友達にお詫びしなければならないことがあります。

Xperia Z3 Compactが発売される直前に銀河S2の電池持ちや動作に不満があるという相談を受けたときに、スペックは大して変わらないからと少し安くなっていたXperia Z1 fを薦めてしまいました。Xperia Z1 fとサイズはほとんど変わりません。厚みは薄く、重量も軽くなりましたが。

z3c-best-size02

しかし大きなことを見落としてしまっていました。。。それは「画面サイズ」です。Xperia Z1 fの4.3インチに対し、Xperia Z3 Compactは4.6インチとなり、狭額化しました。

これは見た目にも大きな変化です。画面消灯しているときはXperia Z1 fのほうが筐体カラーの白色の部分が小さいため、差は分かりづらいですし、むしろXperia Z1 fのほうが大きく見えるかもしれません。

z3c-best-size03

しかし画面点灯させた瞬間、その印象はガラッと変わってしまいます。

z3c-best-size04

筐体サイズに対する画面サイズの割合が全然変わります。解像度は同じHD(720×1080ピクセル)ですから、Xperia Z3 Compactのほうが文字が大きく見えるのです。年代的に字は大きいほうが見やすいはずので、彼には大変申し訳無いことをしたなぁ、、、と反省しています。。。

 

 

まとめ

iPhone 5・5sからAndroidの世界へ導くこともできたXperia Z3 Compactの役割はとても偉大かもしれません。Xperia Z3 Compactの動作はこれまでの「Androidなんか( ゚д゚)、ペッ」と言っていた層も「これなら不安なく使えるじゃん!」と言わしめることも十分できるのではないかと思っていますし。

iOSにはないAndroidならではの機能もたくさんありますし。おサイフケータイにフルセグに防水等々・・・(【コラム】今、選ぶならどっち? 3番勝負!Xperia Z3 vs iPhone 6 Plusの機能面でまとめています)

手のひらサイズでありながらフラッグシップと同等性能を持つ「プレミアムコンパクト」機として、これからも有意義に活躍してくれることでしょう。

もしどれにするか迷っている人がいたら「絶対失敗しないスマートフォン」のうちの一台としてオススメしてもきっと文句を言われることは無い、そんな逸品だと思います。

 

・・・auでメイン機として使えればなぁ・・・

 

 

6件のコメント


  1. 今はNexus6をメインにしているのでサブ兼おサイフケータイ用にコレもいいですね。
    やはり中古で買って格安SIM運用かな。
    イオンが売り出すXperiaがコレだったらいいな。


  2. ソニーはいい加減スマホの値段を吊り上げるのを止めるべきだと思いますね。これの三分の一以下の値段で中国ではフルHDと1.7GHz オクラコア64Bitプロセッサーを搭載したスマホを購入できますし、同等の値段であれば色が性格かつコントラストも強い”2K+”ディスプレイに指紋センサー、2000万画素デュアルLEDカメラ+500万画素フロントカメラを搭載した端末が買えます。更にはワンクリックルートさえ付いてきます。Z3 Compactと同等のスペックであれば更に安い(170USD程度)モノが買えます。

    ローエンドになるとそのソニーの「体質」は顕著になります。Xperia E1は僕の国では同等のスペックを持つGalaxyの1.5倍高く、お陰で誰も買おうとしません。質感もプラスチック感丸出しで持ってるのが恥ずかしいレベル。

    そもそもXperia Z3 Compactはディスプレイの色の不正確さとゴミみたいなスピーカー、そして色の悪いカメラで有名です(参考:www.phonearena.com/reviews/Apple-iPhone-6-vs-Sony-Xperia-Z3-Compact_id3836/page/3)。ディスプレイは青ざめていて、スピーカーはオマケ程度の音質、カメラは色がたまに不自然になる場合がある上にシャッタースピードはアホみたいに遅い。

    高級感のあるコンパクト端末を使いたいのであればiPhone 6を使えばいいし、iPhoneにも負けずとも劣らない処理能力と高級感を備えたスマホが欲しいのであればGalaxy AlphaやMeizu MX4を買えば良い。フルプラスチックのXperia Z3 Compactを買う理由などどこにも無いのです。


    1. Z3 Compactと同等のスペックのが170USD程度で買えるんなら、あなたが日本に輸入して3万円くらいで売ればいいんじゃないですかねw
      わたしはXperia Z3 Compactを買って大満足なんですけど。


    2. フルプラスチックって()
      あなたの国のXperia Z3 Compactは本当にソニー製ですか?


      1. おっと失礼しました。
        バックは指紋でベタベタに汚れるガラスでしたね、失敬。

        ちなみに使用機種はMeizu MX4 Pro ですので、悪しからず


    3. と、言ってるあなたが使っているMeizu MX4 ProもカメラはSony 製裏面照射型 CMOS のイメージセンサーなんで青ざめていることと思いますがねw

      あと、技適通ってるんですか?
      通ってないと思いますが。
      合法的に使うのであればモバイルデータは海外キャリアのローミング・Wi-Fiも使えず不便なのでは?

      てか、自分の使いたいものを選べばいいわけで、あなたがそこまでXperiaにグチグチいう必要もないのでは?
      少なくとも自分はそこまでハイスペックなものを使う必要もないですし、あなたがフルプラスチック・指紋が付くガラスとかいってるXperiaのデザインが他のスマートフォンの何より好きです。

      最後に。自分にはあなたはXperiaより性能が高いMeizu MX4 Proを使っていることの自慢にしか見えませんでした。